背景

business-discussions-2males-laptop-2

グローバルなビジネスを展開する上で、最新の税関手続や貿易手続に対応しなければなりません。 国境を越えて迅速かつコスト効率に優れた方法で製品を配布する必要があります。また、配布にかかる経費も最小限に抑える必要があります。 マカフィーは、海外市場を開拓し、米国企業の競争力を高める自由貿易協定 (FTA) を支持しています。 また、NAFTA が 米国産業の競争力の向上と雇用の喪失に良い影響を与えていると考えています。

米国 の FTA パートナー 20 か国は、米国で製造された製品の約半数を購入していますが、その合計額は世界経済の 10% に過ぎません Peterson Institute for International Economics によると、アメリカ人の実質所得はオープン トレードの影響で 9% 増加し、 輸出関連の仕事は他の仕事よりも平均で 18% 収入が多くなっています。

米国政府は新たな FTA 交渉を進めるだけでなく、既存の FTA を保護し、貿易促進権限法を制定しています。 効果的な FTA を締結し、施行することで、米国企業のビジネスに支障をきたす貿易障壁が最小限に抑えられます。

マカフィーにおける重要性

サイバー セキュリティは、既存の貿易協定で協議されているため、すでに大きな市場を形成しています。 サイバーセキュリティの世界の市場規模は 2018 年に 1,000 億ドルを超え、2020 年に 1,700 億ドル以上になると予測されています。 北米は世界最大のサイバー セキュリティ市場で、その中でも米国が最も大きい割合を占めています。 米国のサイバー セキュリティ業界は賃金水準も高く、国内のサイバーセキュリティの労働力不足は喫緊の課題となっています。

規模や活力、優先度に関係なく、どの産業も米国の貿易協定と方針を遵守しなければなりません。 サイバー セキュリティ製品とサービスの輸出入を円滑かつ合理的に行うことで、業界の継続的な成長を促し、サイバー セキュリティ分野の雇用を増やし、サイバー セキュリティ市場における米国の競争力とリーダーシップを強化できます。

海外で設定された国際的なサイバー セキュリティ規制は米国企業を不利な立場に追い込む可能性があります。 この問題を対処する 1 つの方法としては、将来の貿易協定の相手とサイバーリスク管理の枠組みを開発し、調整することです。 北米諸国の間でも、サイバー セキュリティ市場の成熟度や、サイバー セキュリティの強度と洗練度は異なります。 サイバー セキュリティの包括的な枠組みを広範囲で整備することで、当事者同士が同じ保護目標を持ち、セキュリティ投資に関する情報に基づいて意思決定を行うことができます。また、サービス プロバイダーの水準を一定に保ち、北米のサイバーセキュリティ市場全体の成熟を促すことができます。

キーポイント

FTA 交渉

米国政府は、既存の FTA を保護しながら、さらに多くの FTA を交渉していきます。 効果的な FTA を締結し、施行することで、米国企業のビジネスに支障をきたす貿易障壁が最小限に抑えられます。 継続的に施行されている FTA は、米国のビジネスに支障をきたす可能性のある貿易障壁を取り除き、削減してきました。 FTA 交渉により、米国政府は市場アクセスの条件として、国境を越えた研究開発、知的財産、製品のローカライズを行う必要はありません。 これらの措置は競争に激化し、世界貿易で毎年 900 億ドル以上の損失が発生し、技術分野のイノベーション低下していくでしょう。

 

貿易促進権限法の制定

マカフィーは、政府が貿易促進権限法 (Trade Promotion Authority: TPA) を制定することに賛成しています。 TPA は、米国における雇用増加を支えるだけでなく、世界での米国の競争力の強化します。 TPA を更新することで、より強固な契約を締結するときに、米国側の交渉担当者が議会からの支援を受けていることをグローバル パートナーに認識させることができます。 これにより、国有企業と民間企業との間でも競争が発生し、世界経済において競争力を維持することができます。 さらに、より厳しい条件の契約を締結することで、米国の貿易協定外の国に独自の基準を制定させ、米国の企業と労働者の国際競争力を高めることができます。

 

情報通信技術 (ICT) 関税の撤廃

1996 年に締結された世界貿易機関 (WTO) 情報技術協定 (ITA) は、多くのハイテク製品を網羅しています。 この協定には現在 82 か国が参加し、これだけで IT 製品の世界貿易の約 97% を占めています。 米国政府は、米国の技術リーダーにとって最も有益なゼロ関税 WTO ITA の拡大を引き続き求めていくべきだと考えています。 関税は購入の意思決定にマイナスに働くため、マカフィーは、関税は少ないほど良いと考えています。

 

将来の契約ではデジタル製品に対するサイバーセキュリティのリスク管理サポートが必要

NAFTA などの既存の貿易協定では、ほとんどの場合、デジタル製品とサービスのサイバー セキュリティは考慮されていません。 海外で設定された国際的なサイバー セキュリティ規制は米国企業を不利な立場に追い込む可能性があります。 これらの問題を解決するため、 米通商代表部 (USTR) は、将来の貿易協定において NIST サイバー セキュリティ フレームワークなどのサイバー セキュリティリスク管理フレームワーク促進するべきだと考えています。