背景

business-discussions-2males-laptop-2

個人や企業からの信頼がなければ効果的な技術とはいえません。 会社のファイアウォールでも子供のスマートフォンでも、システムに対する信頼がなければ、技術をフルに活用することはできません。 この信頼の基盤となるのは、プライバシーの保護であり、個人データの保護です。 マカフィーは、顧客、消費者、社員を保護するために、日々努力を重ねています。

マカフィーの Web サイトに掲載されているプライバシー ポリシーには、人為的な障壁を排除してビジネスを推進しながら、プライバシーを保護するための方針が記載されています。 顧客と社員がデジタル デバイスを十分に活用できるように、ポリシー、標準、手続き、ガイドラインを組み合わせて、ビジネス プロセスや製品/サービスの開発で個人情報を効果的に管理します。

プライバシーバイデザイン (PbD) とセキュリティバイデザイン (SbD) は、企業が製品やサービスを開発する際や内部ツールを実装する場合に積極的に検討する必要があります。 PbD と SbD は、技術の開発やサービスの提供で説明責任プロセスとして実施する必要があります。

インターネットに接続するデジタル機器が増加しています。パフォーマンス、電源管理、セキュリティを考慮し、機器間でデータやアプリケーションを共有したり、リモート (たとえば、データセンター内のサーバー) にデータを保存するケースが増えています。 このようなデータを確実に保護するには、ネットワークと個々のエンドポイント デバイスのセキュリティを強化する必要があります。 デバイスがネットワークに接続するには、デバイス情報の一部 (IP アドレスなど) を収集して処理する必要があります。 マカフィーでは、データを確実に保護し、プライバシーを守るには、デバイス情報の処理も確認が必要になると考えています。

マカフィーにおける重要性

マカフィーでは、技術を信頼してもらうという目標を達成するには、プライバシーの保護が欠かせない要素なると考えています。 プライバシーの保護は信頼に不可欠な要素です。 マカフィーでは、顧客、消費者、社員など、私たちが関係している人たちのプライバシーを保護するため、全力を尽くしています。

データ (個人データと知的財産) の保護は、消費者にとっても企業にとってもコアバリューとなります。

プライバシーは、マカフィー ブランドの中核であり、ブランド資産の重要な部分です。 マカフィーは、適用される法律と規制をすべて遵守できるように努めています。

キーポイント

  • プライバシーとセキュリティは、個人が技術を信頼する上で不可欠な前提条件です。
  • PbD アカウンタビリティ モデルは、ベンダーやサービス プロバイダーの製品開発ライフサイクルに組み込む必要があります。プライバシー保護は、製品/サービス開発プロセスの基本部分として含まれていなければなりません。
  • デジタル プライバシーに関する新しい法律や規制には、PbD の概念が反映されている必要があります。PbD を行うには、技術開発の中で説明責任プロセスを積極的に実施する必要があります。 取締機関や監督官庁は、詳細な標準規格を策定したり、第三者の詳細な製品レビューを強制しないようにするべきです。強制的に施行することで、市場投入と製品コストの両方が増えています。 このイノベーションに対する影響は悪化の一途をたどっています。技術の評価に必要なリソースやスキルを持つユーザーがいるかどうかは分かりません。
  • マカフィーでは、インターネットに接続して個人情報をプロアクティブに保護するには、デバイス情報 (IP アドレスなど) の処理が必要だと考えています。