ラージャ・パテル

クリストファー・ヤング

法人向け製品担当バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャー

ラージャ・パテルは、McAfee の法人向け製品担当バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーです。 エンドポイント セキュリティ、高度脅威検出、セキュリティ オペレーション、ネットワーク セキュリティ、データ保護など、McAfee の法人向け製品ポートフォリオの戦略的な方向性を定義し、戦略を遂行しています。 パテルは、法人向けセキュリティ ソリューションの構築に関わる戦略、プロダクト管理、事業開発、製品マーケティング、ユーザー エクスペリエンスの各チームを統括しています。

現職の前は、Intel と Cisco でネットワーク セキュリティ事業部門のゼネラル マネージャーとして、コンテンツ セキュリティ、脅威インテリジェンス、高度脅威に対するソリューションを中心に、クラウド セキュリティ サービス事業を担当しました。 Cisco では、企業ネットワーク全体への配備戦略、数十億ドル規模の統合サービス ルーティングの製品ポートフォリオ、市場投入戦略の立案、様々なハードウェア/ソフトウェア サービスのライフサイクル管理も担当しました。

Cisco の前は、Honeywell で事業開発、航空宇宙の応用エンジニアリング、飛行試験のエンジニアリングに従事しました。

パテルは、アリゾナ州プレスコットのエンブリー・リドル航空大学から航空宇宙工学の学士号 (副専攻は数学) を取得し、フェニックス大学で MBA を取得しています。