bg-together-is-power

セキュリティはチームスポーツ

優れたチームの力を結集しましょう。
あなたのチーム、 私たち、 そして、パートナー。

直面する課題は大きく、単独での対応は難しい

McAfee は、現代の最も困難な課題の一つを解決するため、新しいアプローチを採り入れました。セキュリティ コンポーネントのオーケストレーションを推進し、統合された防御体制を構築します。

1 つのベンダーだけでサイバーセキュリティが直面するすべての課題を解決することは不可能です。 ベンダーに関係なく、すべてのセキュリティ技術を統合し、連携させる必要があります。 McAfee では、オープンな統合セキュリティ アーキテクチャを提供しています。これにより、異なるベンダーのソリューションを連携させ、配備と統合を短時間で行い、デバイスからクラウドまでのセキュリティ インフラ全体の効率化を図ることができます。

弊社の Data Exchange Layer (DXL) を使用すると、複数のベンダーや社内で作成したソリューションの間で脅威情報をすばやく共有し、適切なアクションを行うことができます。サイバーセキュリティ パートナーのエコシステムから提供されているオープンソース ソリューションも容易に組み込むことができます。 この統合プラットフォームは現在、Cisco pxGrid にも対応しています。これまでの投資を無駄にすることなく、セキュリティ製品を完全に最適化し、潜在的なセキュリティ ギャップを埋めることができます。

省力化

ビジネスは複雑です。 しかし、セキュリティも複雑にする必要はありません。

どんなに優秀な人物、製品、組織でも、一人だけではサイバー犯罪と戦えません。しかし、これを理由にセキュリティを複雑にしてはなりません。  Data Exchange Layer (DXL) により、デバイスからクラウドまでを完全に網羅し、セキュリティ ソリューションの配備と統合をより迅速に進めることができます。 McAfee ePolicy Orchestrator が、弊社のエンドポイント保護ソリューション、McAfee Network Security PlatformMcAfee Enterprise Security ManagerMcAfee Security Innovation Alliance エコシステムの多くのパートナー製品を一元管理します。     結果として構築された統合管理システムでは、強力な可視化機能により、インシデント対応の時間が大幅に短縮されます。セキュリティ管理の煩雑さを解消し、管理コストを削減できます。

詳細を見る

加速化

サイバー犯罪者は俊敏です。 より迅速な対応が必要です。

弊社の実績豊富なソリューションは、最初からシームレスに連携するように設計されています。 統合を行う前でも、高度なセキュリティ対策が連携し、脅威を迅速に検出して阻止します。 スピードは非常に重要です。 Grobman の曲線が示すように、サイバーセキュリティは時間とともに効果を失っていきます。新しいセキュリティ技術を時間をかけず、速やかに配備しなければなりません。これを可能にするのが統合プラットフォームです。

ホワイトペーパーのダウンロード ビデオを見る

コラボレーション

セキュリティを強化するため、 力を合わせましょう。

高度な脅威を検出し、リスクを軽減してコンプライアンスを維持するには、相互に連携したオープンなアプローチが必要になります。 業界最大のエコシステムの一つである McAfee Security Innovation Alliance には 130 を超えるパートナーが参加し、より少ない人数でより多くの脅威を阻止できるように、統合されたセキュリティ ソリューションを提供しています。 相互に連携可能なセキュリティ製品を短時間で開発し、用に統合できるので、既存のセキュリティを最大限に活用することができます。

詳細を見る

すべてのものと人の力を結集する

私たちは、Together is power (力を合わせること) をスローガンとしています。

サイバーセキュリティ分野での長年の経験から分かったことは、どんなに優秀な人物、製品、組織でも、一人だけではサイバー犯罪と戦えないことです。 力を合わせることが重要です。

多くの人が協力する

社員、パートナー、顧客と力を合わせることで、真にインテリジェントで包括的なソリューションやアイデアを実現することができます。

テクノロジを連携する

自社製品だけでなく、他社の製品とも連携できる製品を開発することで、真に統合されたセキュリティを実現し、より安全な環境を構築することができます。 脅威の阻止、検出、修復を協力して、迅速に行うことができます。

多くの組織が協力する。

他のセキュリティ組織と協力して脅威情報を共有し、複数の企業が情報を交換できるオープン規格を開発することで、より効果的な保護を行うことができます。

together-is-power

力を合わせること。これ以外に強くなる方法はありません。

ビデオを見る