セキュリティはチームスポーツ

自分たちだけ解決しようとしていませんか?

孤立した場所は防御の弱点となります。

連携していない個別の防御技術では、脅威インテリジェンスを自動的に共有できません。逆に、適応性の高い環境では、一度検知した脅威にすぐに反応し、環境全体を保護することができます。

成功している企業は、オープンな統合アプローチを採用しています。

先進的な企業は、1 つの製品やベンダーだけではサイバー犯罪と戦えないことに気づいています。オープンでプロアクティブなプラットフォームを採用し、パートナーの力を結集して、適応性の高い環境を構築するために努力しています。

優れたチームの力を結集しましょう。
あなたのチーム、 私たち、 そして、パートナー。

直面する課題は大きく、単独での対応は難しい

セキュリティは簡単に解決できない問題です。 サイバー攻撃やゼロデイ脅威を独力で阻止しようとしていませんか。 サイバー犯罪者が一人で攻撃をしていると考えていませんか。

McAfee は、現代の最も困難な課題の一つを解決するため、新しいアプローチを採り入れました。 情報は、調整された共通のメッセージング レイヤーで共有されなければなりません。 この状況を実現するため、Data Exchange Layer (DXL) という機能を導入しました。これにより、共通のメッセージング バスを介して複数のベンダー環境で脅威インテリジェンスの共有が可能になりました。 この統合された管理システムは現在、Cisco pxGrid と連携しています。御社の環境でもすぐに利用できます。 このシステムに参加することで、相互に協力しながらセキュリティを強化し、サイバー攻撃を防ぐことができます。

省力化

ビジネスは複雑です。 しかし、セキュリティも複雑にする必要はありません。

どんなに優秀な人物、製品、組織でも、一人だけではサイバー犯罪と戦えません。しかし、これを理由にセキュリティを複雑にしてはなりません。 弊社のオープンな統合ファブリックは、基盤のアーキテクチャに関係なく、複数のテクノロジを取り込み、より大きなシステムを構築します。 McAfee ePolicy Orchestrator が、弊社のエンドポイント保護ソリューション、McAfee Network Security Platform、McAfee Enterprise Security Manager、McAfee Security Innovation Alliance エコシステムの多くのパートナー製品を一元管理します。 この統合管理システムでは、ワークフローが簡素化され、複数のテクノロジを連携できます。最適な人数で管理できるので、運用コストを削減できます。

詳細を見る

加速化

サイバー犯罪者は俊敏です。 より迅速な対応が必要です。

弊社の実績豊富なソリューションは、最初からシームレスに連携するように設計されています。 統合を行う前でも、高度なセキュリティ対策が連携し、脅威を迅速に検出して阻止します。 スピードは非常に重要です。 Grobman の曲線が示すように、サイバーセキュリティは時間とともに効果を失っていきます。新しいセキュリティ技術を時間をかけず、速やかに配備しなければなりません。これを可能にするのが統合プラットフォームです。

ホワイトペーパーのダウンロード

コラボレーション

セキュリティを強化するため、 力を合わせましょう。

高度な脅威を検出し、リスクを軽減してコンプライアンスを維持するには、相互に連携したオープンなアプローチが必要になります。 業界最大のエコシステムの一つである McAfee Security Innovation Alliance には 130 を超えるパートナーが参加し、より少ない人数でより多くの脅威を阻止できるように、統合されたセキュリティ ソリューションを提供しています。 相互に連携可能なセキュリティ製品を短時間で開発し、用に統合できるので、既存のセキュリティを最大限に活用することができます。

詳細を見る

すべてのものと人の力を結集する

私たちは Together is power (力を合わせること) をスローガンとしています

サイバーセキュリティ分野での長年の経験から分かったことは、どんなに優秀な人物、製品、組織でも、一人だけではサイバー犯罪と戦えないことです。力を合わせることが重要です。

多くの人が協力する

社員、パートナー、顧客と力を合わせることで、真にインテリジェントで包括的なソリューションやアイデアを実現することができます。

テクノロジを連携する

自社製品だけでなく、他社の製品とも連携できる製品を開発することで、真に統合されたセキュリティを実現し、より安全な環境を構築することができます。脅威の阻止、検出、修復を協力して、迅速に行うことができます。

多くの組織が協力する。

他のセキュリティ組織と協力して脅威情報を共有し、複数の企業が情報を交換できるオープン規格を開発することで、より効果的な保護を行うことができます。

力を合わせること。これ以外に強くなる方法はありません。

ビデオを見る