お客様が Netskope ではなく McAfee Enterprise を選ぶ理由

McAfee Enterprise のデバイスからクラウドまでを網羅するセキュリティ アプローチが、Netskope に見られるような制約なしに、従業員のための完全なデータ保護と脅威対策を実現できることを、以下のセクションで示します。

マルチベクトルのデータ保護

  • Netskope

  • Forrester Wave の非構造化データ セキュリティ プラットフォームに挙げられたことがありません
  • 管理対象のエンドポイントやオンプレミスのリソース上の重要なデータが全く可視化されません
  • デバイスとローカル アプリ間のデータ損失を全く防止していません
  • DLP の全適用範囲を外部のサードパーティに依存しています
  • McAfee Enterprise

  • 2021 Forrester Wave の非構造化データ セキュリティ プラットフォームでリーダーに認定されました
  • 完全な機能を備えたデータ セキュリティ ポートフォリオは、管理対象のエンドポイント、ネットワーク内の共有、オンプレミスのデータベースなどのデータを検出します
  • 完全なデータ セキュリティにより、印刷、取り外し可能なメディア、スクリーン キャプチャ、コピー貼り付けなどでのデータ損失を防ぎます
  • デバイスからクラウドまでを保護する統合インシデント管理

業界最高の CASB ソリューション

  • Netskope

  • Gartner CASB Solutions Comparison Scorecard 2021 で 100 点満点中 82 点を獲得し、第 1 位と大差のある第 2 位になりました
  • API 統合による認可されたクラウド アプリケーションのサポートが不足しています
  • API サポートの重要性を過小評価しているため、API サポートのないアプリでは、 保存データや管理対象外デバイスの動作を把握できません
  • McAfee Enterprise

  • Gartner CASB Solutions Comparison Scorecard 2021 で 100 点満点中 94 点を獲得し、第 1 位になりました
  • ほとんどのアプリを API モードでサポートします
  • API の適用範囲が広範囲に及ぶため、企業のクラウド データの 90% が保存されている場所を可視化してコントロールできるだけでなく、管理対象外デバイスの動作に関するインサイトも得ることができます

業界最高の脅威対策

  • Netskope

  • RBI には  追加 コストがかかります
  • 帯域外のサンドボックスでは最初の感染を阻止できず、 ライセンス付与には 追加コストがかかります
  • ソリューションの成熟度が低いため、 脅威インテリジェンスの 利用統計情報​が弱くなります
  • McAfee Enterprise

  • 無料の完全に統合された RBI は、最高のゼロトラスト アプローチを実現します
  • 無料のインライン エミュレーション ベースのサンドボックスは、 ゼロデイ攻撃をリアルタイムで検出して、 最初の感染を阻止します
  • 10 億個以上の脅威センサーが、Global Threat Intelligence (GTI) に、強力な利用統計情報を提供します

高度な IaaS 機能

  • Netskope

  • 制約のある  IaaS  適用範囲
  • GCP の DLP または脅威対策がありません 
  • McAfee Enterprise

  • シフト レフト スキャン、VPC 内スキャン、ワークロード保護、脆弱性スキャンを包含し、コンテナをサポートします
  • AWS、Azure、GCP など、一般的な IaaS クラウドすべてに対応する DLP と脅威対策  

将来を見据えた防御のためのステップ