SESSIONDETAILS

  • C-1

  • 13:10 - 14:10

    OPC-UAを基本としたヒストリアン更新による次世代セキュリティ対策 -OPC-UA化の事例紹介と導入のポイント-

    昨今、巧妙化するサイバー攻撃の被害拡大により各企業のセキュリティ対策は必須となっています。
    一方で工場等の効率的な運用や早急な経営判断につなげるための情報系システムの普及、制御系システムのオープン化により、制御系ネットワークと情報系ネットワークを相互接続する機会が増えており、制御系・情報系の連携においては特によりセキュアな対策を施す必要があります。そこで当社では、インダストリー4.0において、唯一の推奨通信規格であるOPC-UAを通信方式の基本としたヒストリアンの更新を行いました。本セッションでは、OPC-UA化までの流れや導入時のポイントを当社の具体的な実事例とともにお伝えします。


  • img-p_yoshii
  • 出光興産株式会社
    情報システム部
    システム開発二課 課長
    吉井 清次 氏

  • img-p_takano
  • 出光興産株式会社
    情報システム部
    システム開発二課
    高野 聡 氏

  • img-p_tsukada
  • アズビル株式会社
    アドバンスオートメーションカンパニー エンジニアリング本部
    アドバンスト・ソリューション部システムグループ
    APCシステムエンジニア
    塚田 孝一 氏

産業サイバー

動向/事例