SESSIONDETAILS

  • MS-4

  • 08:40 - 09:40

    日本におけるサイバー脅威インテリジェンスの読解とセキュリティ管理面への活用の勘所

    セキュリティ対策強化において、攻撃者像やその戦略や戦術、攻撃手口を分析した「サイバー脅威インテリジェンス」の活用が注目されています。最近の脅威分析の結果では、攻撃者の素性や戦略は、より具体性を持つようになってきており、サイバー領域だけに終始するものでは無いことがわかってきています。そのため、サイバー脅威インテリジェンスは、従来、技術的な観点で語られることが多かったのですが、近年では組織内における管理面での活用も求められています。本講演では、日本が直面しているサイバー脅威や事案を解説し、それらの分析情報をいかに組織内の管理面へ反映させるかを紹介します。


  • Image
  • 株式会社サイント
    脅威分析統括責任者
    岩井 博樹 氏

セキュリティ運用

動向/事例