SESSIONDETAILS

  • MS-7

  • 08:40 - 09:40

    機械学習活用による分析自動化とオーケストレーションによる運用効率化を目指すセキュリティ運用

    サイバー攻撃の巧妙化や人材不足からセキュリティ運用の効率化が急務です。検知、一次対応、恒久対応の各フェーズで、テクノロジーを活用した自動化の促進に加え、特にアナリストの生産性向上を支援するために、人とテクノロジーの協業型運用支援という新しいアプローチについても詳しく解説します。今後のセキュリティ運用を想定して、データ処理基盤、高度な分析による監視業務の負担軽減やアナリストの生産性向上を必要としている皆様のご参加をお待ちしています。


  • Image
  • マカフィー株式会社
    セールスエンジニアリング本部 第一SE部 シニアセールスシステムズエンジニア
    倉沢 陽一

デバイス/エンドポイント

セキュリティ運用