SESSIONDETAILS

  • LS-1

  • 12:10 - 12:50

    GDPR,PSIRT,SecOps,SOARーあらたな概念への対応が求められる脆弱性リスク管理の考察

    今、新たな規制や概念への対応が脆弱性リスク管理にも求められています。2018年5月25日に施行され巨額の制裁金が課されるGDPR、ハッカーの絶好の攻撃対象となるIoT機器に対するインシデント・レスポンス適応、ITセキュリティとIT運用の連携、セキュリティ運用の可視化と自動化…など。ラピッドセブンの脆弱性管理ソリューションは従来の脆弱性に対する継続的管理とレポーティングから、更なる可視化、自動化に発展していきます。実際の運用事例も含めて解説します。


  • Image
  • ラピッドセブン・ジャパン株式会社
    執行役社長
    牛込 秀樹 氏

セキュリティ運用

動向/事例