large-logo-mcafee-dark

Microsoft Azure を保護するセキュリティ

エンタープライズクラスのセキュリティと管理を Microsoft Azure パブリック クラウドに展開

ソリューション概要を読む
Hewlett Packard Enterprise (HPE)

パートナーシップの概要

McAfee は、プライベートのデータ センターと同じセキュリティ機能で Microsoft Azure とパブリック クラウドを保護します。 セキュリティ ギャップを気にすることなく、クラウドのメリットを利用できます。オンプレミス環境と同じ方法で Azure インスタンスを管理できます。

グローバル テクノロジ ソリューション

McAfee Virtual Network Security Platform

McAfee Virtual Network Security Platform (McAfee vNSP) は、パブリック クラウド固有の要件を満たすネットワーク脅威/侵入防止システム (IPS) ソリューションです。 ゼロデイ マルウェア、SQL インジェクション、ワークロード間の侵入など、高度な攻撃を迅速に検出し、阻止します。 効率的なワークフローが用意され、複数の統合オプションと分かりやすいライセンス体系が用意されているため、McAfee vNSP を迅速に配備し、場所に関係なく重要なデータとワークロードを保護できます。 McAfee Network Security Manager との統合により、使いやすい Web ベースのインターフェースでセキュリティを一元管理できます。

詳細を見る >

Azure 上で動作する McAfee Virtual Advanced Threat Defense

McAfee Virtual Advanced Threat Defense (vATD) は、詳細な調査を行い、回避型の脅威を検出します。 サンドボックス、コードの完全な静的分析、ディープラーニングを利用した高度な検出技術により、不正な挙動パターンをピンポイントで特定します。これまで検出されなかった脅威や新たに発生する脅威も阻止できます。 Azure 上の McAfee Advanced Threat Defense は、高度な SOC 機能、カスタマイズ可能なデータ プライバシーやバージョン管理など、オンプレミスのソリューションと同じ機能を実行します。Azure サービスとともに効率的に利用できます。 強力な分析機能で生成された脅威インテリジェンスをオンプレミス、クラウド、その両方で簡単に共有できます。これにより、SOC の保護と調査能力を強化できます。

Azure Marketplace での McAfee vATD >

Microsoft Azure を保護する McAfee Endpoint Security

Microsoft Azure 環境は必要に応じて簡単に拡大または縮小できます。このような環境を保護するには、従来のエンドポイント保護と同じ強度を備えながら、すばやく拡張できるエンドポイント セキュリティ ソリューションが必要です。このニーズに応えるため、弊社では Azure PowerShell プラットフォームに McAfee Endpoint Security を統合し、Microsoft Azure 環境への配備、設定、管理を簡単にできるようにしました。セキュリティ要件を損なうことなく、Microsoft Azure のメリットをフルに活用できます。

詳細を見る >

リソースライブラリー

製品ガイド
data-sheet

vATD 製品ガイド

vATD 環境の設定、管理、更新を行います。

製品ガイドを読む >
ソリューション概要

データセンターとクラウドの保護

セキュリティをデータセンター、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境に展開しましょう。

ソリューション概要を読む >
ソリューション概要

McAfee Server Security

現在の巧妙な脅威からクラウド ワークロードとサーバーを保護する包括的なセキュリティです。

ソリューション概要を読む >

Microsoft Azure について

Azure は、包括的なクラウド サービスです。開発者や IT プロフェッショナルは、データセンターのグローバル ネットワークを介して、アプリケーションの構築、配備、管理を行うことができます。 統合ツール、DevOps、Marketplace を利用し、簡単なモバイル アプリからインターネット規模のソリューションまで効率的に開発できます。

詳細を見る