large-logo-mcafee

McAfee Advanced Threat Defense

ステルス型のゼロデイ マルウェアを阻止する高度な検出機能

デモの申し込み

強力な高度脅威検出

McAfee Advanced Threat Defense は、ネットワーク境界からエンドポイントまでの保護を強化し、調査を可能にします。

隠れた脅威を検出

標的型攻撃は、セキュリティ システムを欺き、検出を回避するように設計されています。McAfee Advanced Threat Defense は、静的なコード分析 (マルウェア サンドボックス) と機械学習を組み合わせて、回避技術を駆使したゼロデイ脅威やランサムウェアの検出能力を強化しています。

脅威インテリジェンスの共有

他のセキュリティ ソリューションと緊密に連携し、オープン標準に対応することで、マルチベンダー エコシステムを含むインフラ全体で脅威インテリジェンスを迅速に共有します。ゼロデイ脅威に対する保護を強化し、検出から封じ込めからまでの時間を短縮できます。また、攻撃を受けた後の調査も迅速に行うことができます。

調査

オフライン分析オプションと高度な機能により、セキュリティ オペレーション センターで脅威の検証を行い、重大な侵害の兆候 (IoC) を認識できます。結果を MITRE ATT&CK™ フレームワークに関連付け、調査と脅威ハンティングで利用できます。

柔軟で一元管理された配備

Azure のパブリック クラウド環境など、組織の要件に合わせて配備オプションを柔軟に選択できます。仮想アプライアンスまたは物理アプライアンスとして使用できます。 複数のプロトコルやメール ゲートウェイなどの対応製品を 1 つの場所で分析することができます。

既存のセキュリティを強化

複数のセキュリティ コンポーネントが 1 つのソリューションとして機能

製品を緊密に統合し、高度な脅威を阻止します。アラートとポリシー施行を効率的に管理し、スループットを維持できます。 OpenIOC と STIX/TAXII に対応し、統合環境をさらに統合できます。

調査時間を大幅に短縮

高度な解凍機能、対話モード、複数の仮想環境へのサンプル送信、侵害の兆候 (IoC) データなど、様々な機能を使用して調査を行うことができます。また、IoC データからサマリー レポートを生成して、アクションの優先順位を判断したり、マルウェアに対する正確な分析を行うことができます。

境界からサーバーまで、メールに対する高度な脅威を検出

メールは最も狙われる攻撃経路です。メールの保護は組織にとって重要な課題となっています。McAfee Advanced Threat Defense は、Cisco Email Security ApplianceMcAfee Security for Email Servers などのメール ゲートウェイと連携し、メールを狙う脅威を検出します。

Product Tour

システム要件

McAfee Advanced Threat Defense は、オンプレミス アプライアンスまたは仮想フォーム ファクターとして使用できます。 Virtual Advanced Threat Defense は、Azure Marketplace のプライベート クラウドやパブリック クラウドにも対応しています。

 

アプライアンスのハードウェア コンポーネント ATD-6100 ATD-3100
寸法 1U L=28”、W=17.3”、H=1.7”
重量 50 lbs.、 22.7kg
ストレージ HDD: 6 x 1.2TB、SAS、12GB/s、10K RPM, 2.5”、Raid-5
SSD: 少なくとも 2 x 800GB、SATA、2.5”、Raid-0
HDD: 4 x 1.2TB、SAS、12GB/s、10K RPM、2.5”、Raid-5
SSD: 少なくとも 2 x 400GB、SATA, 2.5”、Raid-0
電力定格 2x 750W
電源装置 冗長 750W
AC 電圧 90 Hz ~ 132 V、180 V ~ 264 V
温度 稼動時: 10˚C ~ 35˚C (50˚F ~ 95˚F)
出荷時: -40˚C ~ 70˚C (-40˚F ~ 158˚F)
湿度 50% ~ 90% (結露なし)、最大湿球温度 28˚C (温度が 25˚C ~ 35˚C の場合)
高度 最大 3050m、ASHRAE クラス ディレーティング
安全性認定 IEC/EN/UL 60950、CAN/CSA-C22.2 No.60950、IEC/EN 60825、21CFR1040、CB 認定およびレポートにより、あらゆる国での規格逸脱を補います。
EMI 対応状況 FCC 47 CFR パート 15 クラス A、ICES-003 クラス A、EN55032 (CISPR 32) クラス A、EN55024 (CISPR 24) クラス A、VCCI V-3 / 2015.04、AS/NZS CISPR 32、CNS 13438、KN 32、KN35

McAfee Advanced Threat Defense の詳細情報

ホワイト ペーパー
white-paper

高度な分析と機械学習: セキュリティに対する処方的でプロアクティブなアプローチ

大量のセキュリティ情報とアラートを短時間で分析することは不可能です。機械学習を利用して効果的な分析を行いましょう。

ホワイトペーパーを読む >
Solution Brief

McAfee Advanced Threat Defense Leverages MITRE ATT&CK Framework

Find out how ATT&CK benefits your security operations center and your organization.

Read Solution Brief>
ソリューション概要

メールに対する高度な脅威の検出と阻止

McAfee Advanced Threat Defense と Cisco Email Security ソリューションの詳細をご覧ください。

ソリューション概要を読む >

サンドボックスを利用して静的分析と動的分析を組み合わせることで、分析と検出能力を強化できます。
製品レビューを読む > The Radicati Group

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

無料製品デモの申し込み

弊社の製品を実際にご覧いただけます。McAfee の専門家が行う無料の製品デモにご登録ください。

無料デモ