large-logo-mcafee

McAfee Cloud Workload Security

ハイブリッド クラウドのワークロードとコンテナーを自動的に保護

データシートをダウンロード

エラスティックなワークロードと Docker コンテナーを迅速に検出して保護

McAfee Cloud Workload Security は、エラスティックなワークロードを自動的に検出し、保護します。セキュリティの盲点をなくし、高度な保護対策を実現します。ハイブリッド クラウドを効率的に管理できます。

検出と配備を自動化

ワークロードの検出を継続的に行うことで、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、VMware アカウントのすべてのインスタンスを一元管理します。自動化テンプレートにより、最初の段階からワークロードを保護します。

ネットワーク脅威の可視化と制御

ハイブリッドのワークロードは分散してるため、境界を保護する従来のセキュリティでは保護することができません。クラウド ネイティブのネットワーク可視化、優先順位に基づくリスク警告、マイクロセグメンテーションにより、可視化と制御を行うことで、データセンターの側面からの攻撃と外部からの脅威の両方を阻止します。

高度な攻撃からワークロードを保護

機械学習、アプリケーションの隔離、仮想マシン用に最適化されたマルウェア対策、ホワイトリスト、ファイル整合性監視、マイクロセグメンテーションなどの保護対策を統合し、ランサムウェアや標的型攻撃などの脅威からワークロードを保護します。

簡単になったクラウド セキュリティ管理

コンソールの 1 つのペインで、物理環境のエンドポイントとサーバー、仮想環境のサーバーとデスクトップ、ハイブリッドなマルチクラウド環境のセキュリティ ポリシーを一元管理できます。 マイクロセグメンテーションにより、ワンクリックでワークロードとコンテナーを隔離できます。

web-page

AWS 環境を保護しましょう

パブリック クラウド環境を拡張していますか。McAfee が AWS でデータとワークロードを保護する方法をご覧ください。

クラウド用に設計されたセキュリティ

クラウドと DevOps の統合

McAfee Cloud Workload Security は、AWS、Microsoft Azure、VMware 環境で継続的な可視性を実現します。共通の DevOps ツール サポート (Chef、Puppet、シェル スクリプト) により、配備を自動的に行います。

仮想ワークロード用に最適化

仮想インスタンス用に最適化された高度なホストベースのセキュリティでワークロードを保護します。リソース不足を回避するため、基盤となるインフラに影響を及ぼすことはありません。

クラウド ネイティブのネットワーク制御

クラウド ワークロードの検出と制御機能が強化されているため、データセンターに対する側面からの攻撃だけでなく、外部からの脅威も阻止できます。

クラウド プロバイダーと直接統合

AWS などのクラウド プロバイダーと直接統合することで、追加機能が有効になります。 たとえば、AWS GuardDuty アラートを McAfee ePO に統合することで、EC2 インスタンスに対するネットワーク接続、ポート プロブ、DNS リクエストを表示できます。

ホワイト ペーパー
white-paper

AWS の保護は万全ですか?

クラウドの採用でサイバーセキュリティに新たな課題が生まれます。詳細をご覧ください。

ホワイトペーパーを読む >
データシート
data-sheet1

McAfee Cloud Workload Security

パブリック クラウドとプライベート クラウドのインフラを共通の機能で保護し、高度な攻撃を阻止します。

データシートを読む >

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ