データ セキュリティの強化

デバイスからクラウドまでを網羅する DLP

オンプレミスの DLP ポリシーをクラウドに展開し、一貫したデータ損失防止を実現。

データをコントロール

オンプレミス、クラウド、エンドポイントなど、重要なデータ (PCI、PII、PHI など) を保存場所に関係なく保護します。

ユーザーの動作を追跡

メールの送信、Web への投稿、印刷、画面キャプチャ、クラウドへのアップロードなど、危険を伴う日々の操作を監視し、問題解決を支援します。

DLP ポリシーをクラウドに展開

McAfee DLP Endpoint と McAfee MVISION Cloud の統合により、企業の DLP ポリシーを McAfee ePO コンソールから拡張できます。

ユーザーを支援

ユーザーがエンドポイントの検出スキャンを実行し、修復作業を行うことができます。

UEBA の統合

セキュリティ分析と機械学習を利用し、ユーザーやエンティティによる異常な動作とリスクの高い動作を検出します。

製品機能

手動分類

ユーザーが手動で文書を分類できます。従業員にデータ保護の意識付けを行い、管理作業を軽減できます。

macOS のサポート

強化されたコンテンツ識別機能とデータ損失防止により、Mac ユーザーを保護します。

幅広い脅威対策

McAfee Threat Intelligence ExchangeData Exchange Layer (DXL) の統合で、不正と識別されたアプリケーションによる機密データの処理を防ぎます。

データシート

ダウンロード

詳細情報

お問い合わせ