large-logo-mcafee

McAfee Endpoint Security

統合、集中管理、高度な防御

データシート 無料トライアル
ens-video
McAfee Endpoint Security: 1つのプラットフォームで保護、ハイパフォーマンス、ユーザビリティを実現

高度な統合エンドポイント保護

McAfee Endpoint Security は業界を牽引するセキュリティ保護ソリューションで、多様なエンドポイント環境でもシンプルな管理を実現します。

workflow-white

中核の脅威対策

ウイルス対策、エクスプロイト防止、ファイアウォール、Web 管理などの基本的なセキュリティ機能が連動して機能します。

dashboard-1

機械学習

最先端の技術を利用し、見た目と行動から不正なコードを識別します。

shield-check-2

アプリケーションの隔離

動作をブロックし、環境全体に広がる前に脅威を封じ込めることで、不審なファイルやゼロデイ マルウェアの影響を限定します。

connected-3

エンドポイントの検出と対応

統合・自動化された適応型のエンドポイントの検出と対応 (Endpoint Detection and Response: EDR) 技術により、ワンクリックでインシデント対応を行うことができます。

製品機能

集中管理

McAfee ePolicy Orchestrator の管理コンソールはオンプレミスでもクラウドでも配備可能です。 高い可視性、シンプルな運用、IT 生産性の向上、セキュリティの統合、コストの削減を可能にします。

高度なマルウェア対策

マルウェア対策エンジンは McAfee Global Threat Intelligence で継続的にアップデートされており、様々な OS 上で効果的に機能します。

機械学習分析

検出を回避するようデザインされたゼロデイ攻撃も、見た目や行動を分析してほぼリアルタイムで検出して阻止します。

アプリケーションの動的隔離

攻撃の入り口として利用されるエンドポイントを保護して、ランサムウェアやグレイウェアから防御します。

プロアクティブなWebセキュリティ

エンドポイントでの Web 保護とフィルタリングで、安全なブラウジングを実現します。

実践的な脅威フォレンジック

感染した場所、原因、期間を迅速に確認して脅威への理解と対応を早めます。

製品を見る

McAfee Endpoint Security の事例をご覧ください

    次のステップ

    お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせいただくか、製品の無料トライアルをダウンロードください。

    * Gartner Peer Insights Customers' Choice のロゴは、Gartner, Inc. またはその関連会社の商標およびサービス マークであり、同社の許可を得て掲載しています。 All rights reserved. Gartner Peer Insights Customers' Choice の結果は、エンドユーザーの主観的な意見、Gartner Peer Insights に公開されたレビューの件数、市場における特定ベンダーの総合評価に基づいて決定されるものであり、Gartner またはその関連会社の見解を反映するものではありません。

    スタート ガイド

    McAfee Endpoint Security のインストール、設定、及び管理についてはこちらのリソースをご覧ください。

    protect-devices-0

    互換性については McAfee の対応 OS や McAfee Endpoint Security サービスパックのリストをご覧ください。

    詳細を見る >
    compliance-1

    McAfee Endpoint Security 10.6 for Windows 用ガイドではインストール前/後のタスク、ソフトウェアのインストールとアップグレード、トラブルシューティングのヒントなどを紹介しています。

    詳細を見る >
    documents-2

    McAfee Endpoint Security の設定と管理についてご確認ください。

    詳細を見る >
    desktop-monitor-3

    このサポート情報記事では McAfee Endpoint Security についての一般的な質問に答えています。

    詳細を見る >

    ご使用のエンドポイント セキュリティは最新の状態ですか?

    McAfee VirusScan Enterprise、McAfee Host IPS Firewall、McAfee SiteAdvisor の Web フィルタリングでは、マカフィーの最新のエンドポイント保護機能を利用できません。 McAfee Endpoint Security は無料のセキュリティ アップグレードで、管理をシンプルにし、脅威を未然に防ぐための機械学習と、アプリケーションの隔離機能を提供します。 McAfee Endpoint Security はより優れた脅威対策、高いパフォーマンス、より良いユーザー エクスペリエンス、そしてシンプルな管理で、将来に備えることができます。

    保護能力が 25% アップ

    AV-Comparatives の独自のテストでは、McAfee Endpoint Security は McAfee VirusScan Enterprise より 25% 多くゼロデイ攻撃を阻止したという結果が出ています。

    アップデートは無料

    マカフィーのエンドポイント セキュリティ スイートのライセンスまたは契約をお持ちのお客様は、無料で McAfee Endpoint Security にアップデートでき、既存の製品で設定したポリシーやクライアント タスク割り当てをそのまま維持することができます。

    20 分未満で移行

    Endpoint Upgrade Assistantとフレキシブルな移行オプションで、わずか 20 分で使い始められます。

    McAfee Endpoint Security が必要な理由

    McAfee Endpoint Security は個々の既存製品を一つのソフトウェア エージェント ソリューションに集約します。 共通アーキテクチャにより、これまで別々に作用していた機能を統合して、より優れたセキュリティとより高い可視性を提供します。

    機能 McAfee Endpoint Security McAfee VirusScan Enterprise
    シグネチャを使用しない保護
    実行前/実行後の分析で機械学習を利用
    不審な実行ファイルを自動的に隔離
    エンドポイントの検出/対応との統合
    環境全体をワンクリックで修復
    ワークフローの自動化

    トレーニング コース

    トレーニングの申し込み

    マカフィーのトレーニング コースは、クラスルーム、オンラインまたはカスタム セッションで受講できます。

    トレーニングに登録

     

    製品入門編ビデオ

    ビデオの左上隅のメニューアイコンをクリックして、ビデオの全リストをご覧ください。

    マカフィー サポート



    クリーン インストール

    マカフィーはクリーン インストールを「マカフィー ソフトウェアがエンドポイントに一切入っていない状態からの配備」と定義しています。 既存ソフトウェアがある場合は「アップグレード」のページをご覧ください。

    McAfee Endpoint Security を配備する前に対応環境の説明文書を読んで、環境と互換性があるかをご確認ください。

    標準構成は、適切なシーケンスの確認や使いやすさの向上のために様々なテストを実施して作成した配備シナリオに基づいて作成されています。 各標準構成文書では、特定のタイプのお客様の環境で適切に稼働することが検証された製品ミックスを紹介しています。 以下の記事で詳細を確認し、自社に適した標準構成をご覧ください。

    以下のガイドで、McAfee Endpoint Security のインストール方法や、システム要件の詳細をご確認ください。

    注: McAfee Endpoint Security モジュールの機能はデフォルトですべて有効化されています。

    インストール中に問題が発生した場合は以下の文書を参照してください。

    インストールに関するすべての文書

     

    アップグレード

    マカフィーはアップグレードを「すでに McAfee Endpoint Security がインストールされているエンドポイントへの配備」と定義しています。 レガシー McAfee ソフトウェア (McAfee VirusScan Enterprise、McAfee Host Intrusion Prevention、McAfee SiteAdvisor Enterprise) がエンドポイントにすでにインストールされている場合は「移行」のページを参照してください。

    Review the Supported Environments documentation to ensure that the environment is compatible before deploying McAfee Endpoint Security:

    McAfee Endpoint Upgrade Assistant (EUA) を使用するとアップグレード プロセスを自動化できます。 EUA は McAfee ePO 環境内のエンドポイントを分析し、インストール済みのマカフィー製品を検出します。さらに、製品の最新バージョンへのアップグレードに必要な最小要件を特定します。 これらはアップグレード準備に必要な作業です。

    アップグレード中に問題が発生した場合は以下の文書を参照してください。

    アップグレードに関するすべての資料

    移行

    マカフィーは移行を「すでにレガシーのマカフィー製品 (McAfee VirusScan Enterprise、McAfee Host Intrusion Prevention、McAfee SiteAdvisor Enterprise) がインストールされているエンドポイントへの McAfee Endpoint Security の配備」と定義しています。

    McAfee Endpoint Security を配備する前に対応環境の説明文書を読んで、環境と互換性があるかをご確認ください。

    Endpoint Upgrade Assistant (EUA) はレガシーのマカフィー製品からの移行にも使えます。 EUA は McAfee ePO 環境内のエンドポイントを分析し、インストール済みのマカフィー製品を検出します。さらに、製品の最新バージョンへのアップグレードに必要な最小要件を特定します。 これらが移行準備に必要な作業です。

    Endpoint Security Trust Model は新しいセキュリティ モデルで、マカフィーのレガシー製品とは異なります。 そのため、移行されたレガシー ポリシーは McAfee Endpoint Security ベストプラクティス (「設定及びベストプラクティス」を参照) とは合わない場合があります。 この移行を、現在のポリシー及び設定の見直しをする機会として利用することを推奨します。

    注: McAfee Endpoint Security モジュールの機能はデフォルトですべて有効化されています。

    McAfee Endpoint Security のポリシーの設定とベストプラクティスについては以下の文書を参照してください。

    移行中に問題が発生した場合は以下の文書を参照してください。

    移行に関するすべての資料

    設定及びベストプラクティス

    McAfee Endpoint Security のデフォルト設定ではほとんどの環境で追加設定とチューニングが必要になります。

    注: McAfee Endpoint Security モジュールの機能はデフォルトですべて有効化されています。

    ソフトウェアについての理解を深めるには、以下の文書をご覧ください。

    製品ガイド:

    McAfee Endpoint Security Trust Model は新しいセキュリティ モデルで、レガシーのマカフィー製品とは異なります。 そのため、移行されたレガシー ポリシーは McAfee Endpoint Security のベストプラクティスとは合わない場合があります。 McAfee Endpoint Security の導入を、現在のポリシー及び設定の見直しをする機会として利用することを推奨します。

    ポリシーの最適化については以下の文書を参照してください。

    パフォーマンスと設定に関するすべての資料