McAfee Endpoint Threat Defense

既知と未知の脅威を検出して隔離

次世代の高度なマルウェア対策

McAfee Endpoint Threat Defense は、不正な活動の最初の兆候を検出し、攻撃を未然に防ぎます。コンポーネント間で脅威情報を迅速に共有し、組織のすべてのエンドポイントを保護します。

ゼロデイ マルウェアを検出して阻止

静的/動的な動作分析を行い、ローカル/グローバル/サードパーティのインテリジェンスを取得して、高度な脅威を阻止します。

脅威インテリジェンスを利用した機械学習

脅威情報の共有と機械学習により、レピュテーションと動作分析に使用する脅威モデルを継続的に進化させ、正確かつ高速で効率的な脅威対策を実現します。

エンドポイントの露出を制限

ユーザーの生産性を損なうことなく、既知の不正な動作によるエンドポイントへの感染を防ぎ、グレーウェアを迅速にブロックします。

他のセキュリティ ソリューションと脅威データを共有

Data Exchange Layer を利用して複数の情報源から脅威情報を取得し、サードパーティの製品も含む他のセキュリティ ソリューションと迅速にデータを共有します。 統合コンポーネントにより、複雑さを解消しています。セキュリティを自動的に強化し、新たに発生する脅威も未然に防ぎます。

エンドポイントが感染する前に高度な脅威を阻止

多段階の検出でエンドポイントを保護

共有の脅威情報から生成されるレピュテーション スコア、実行前の静的分析、動的な動作分析により、シグネチャや静的分析のみの保護対策よりも多くの脅威を阻止します。

管理作業の簡素化

ワークフローの統合、動的クエリーの自動化、ダッシュボードにより、セキュリティ管理の負荷を軽減しています。これにより、統制、可視化、柔軟性を強化できます。

保護能力の向上

情報、コンポーネント、管理機能の統合により、拡張性と柔軟性を維持しながら、より多くの脅威を迅速に解決できます。

エンドポイントのマスタリング

Forrester の推奨事項に従って、エンドポイント セキュリティを統合しましょう。

システム要件

McAfee Endpoint Threat Defense は、米国にホスティングされたデータセンターを利用し、ファイル レピュテーションの確認と脅威モデルの更新を行います。

対応プラットフォーム

McAfee Endpoint Threat Defense and Response は、次のコンポーネントから構成されています。

  • McAfee Threat Intelligence Exchange Server 2.0.0
  • McAfee Data Exchange Layer Client 3.0.0
  • McAfee Advanced Threat Prevention 10.5.0 (Endpoint Security)

McAfee Endpoint Threat Defense の追加要件:

  • McAfee エンドポイント保護
    • McAfee Endpoint Security 10.5 以降
  • McAfee セキュリティ管理
    • McAfee ePolicy Orchestrator 5.3.1
  • 仮想化インフラ
    • VMWare vSphere 5.1.0 (ESXi 5.1) 以降

McAfee Endpoint Threat Defense の詳細情報

ホワイトペーパー

持続可能なセキュリティ オペレーション

IT チームの能力を最大限活用するには、セキュリティ プロセスとツールをどのように使えばよいのでしょうか。詳細をご覧ください。

ホワイトペーパーを読む >
ソリューション概要

McAfee Endpoint Threat Defense で未知の脅威を阻止する

次世代の脅威を阻止する新しいエンドポイント セキュリティです。統合されたツールで機械学習と様々な情報ソースを使用します。より詳しい調査結果を迅速に取得し、組織的な対応が可能になります。

ソリューション概要を読む >
レポート

連携によるセキュリティ オペレーションの最適化

高度な脅威に対して万全な対策を行わなければなりません。この問題を解決するヒントは、身近にあるかもしれません。現在の人材、プロセス、技術を見直しましょう。

レポートを読む >

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ