コンピューターに必要な侵入検知

広範囲に対応する IPS

既知の攻撃を識別し、ブロックします。ステートフルなファイアウォールによってポリシーを適用し、未請求の受信トラフィックをブロックしたり、送信トラフィックを制御します。

場所に応じたカスタム ポリシーの作成

エンドポイントの接続に応じたルールで異なるレベルのセキュリティを適用できます。たとえば、社内ネットワーク、VPN、公衆ネットワークなど、接続状況に応じて保護レベルを適用できます。

時間の節約とコストの削減

McAfee ePolicy Orchestrator で組織のデスクトップを管理できます。この拡張性に優れた管理プラットフォームにより、配備、レポート、監査を一元的に行います。

高度な脅威を阻止

ネットワーク、エンドポイント、アプリケーションの 3 つの保護層で資産を保護し、既知のエクスプロイトだけでなく、ゼロデイ攻撃などの未知の脅威も阻止します。

IT リソースを有効に活用

高度な脆弱性保護により、新しい脆弱性を狙うエクスプロイトを阻止します。IT スタッフはパッチの計画、テスト、配備により多くの時間を費やすことができます。

セキュリティ更新を自動的に取得

特定の脆弱性を解決する更新を自動的に配布し、新たに発生する脅威を阻止します。

製品機能

常時保護

弊社のクラウドベースの脅威インテリジェンス サービスである McAfee Global Threat Intelligence がリアルタイムで機能し、サイバー脅威をブロックします。

データシート

ダウンロード

Host Intrusion Prevention for Server

詳細を見る

詳細情報

お問い合わせ