MVISION CNAPP は、アプリケーションとデータのコンテキストを使って独自の方法でパブリック クラウド インフラストラクチャ向けクラウド セキュリティ ポスチャ マネジメント (CSPM) とクラウド ワークロード保護 (CWPP) を統合し、ホストとワークロード (VM、コンテナ、サーバーレス機能を含む) を保護する、業界初のプラットフォームです。

ソリューション概要を読む

包括的  |  自動  |  スムーズ

円をクリックして、詳細をご覧ください。

許可リスト、OS 強化、および FIM を用いた Application Control。 VM およびコンテナ向けの、危険度を基にした脆弱性スキャンと保護を提供します。

動画を見る

セキュリティ制御を自動化し、継続的なコンプライアンスと監査を実現します。 機密データの識別とコントロールを自動化します。 UEBA を可能にします。

動画を見る

包括的な検出とリスクベースの優先順位付けを行います。 シフト レフトして設定ミスを検出して修正し、CI/CD パイプラインの早い段階でドリフトします。

動画を見る
ワークロード クラウド プラットフォーム

MVISION CNAPP の5つの主要機能

カーソルを合わせて詳細をご覧ください。

特定

1 検出、リスク評価、優先順位付け

エンドポイント、ネットワーク、クラウド上のワークロード、データ、インフラストラクチャをすべて検出し、リスクに基づいて優先順位付けします。

構築、デプロイ

2 シフト レフト / DevSecOps

構成ドリフトを防ぎ、仮想マシン、コンテナ、サーバーレス環境の脆弱性を評価します。 スムーズな自動化で開発者の生産性を向上させます。

ランタイム

3 行動ゼロトラスト

ゼロトラストに基づいてポリシーを構築し、行動観察で誤検知を減らし、また適切な行動を推奨します。

運用

4 クラウド脅威と SOC に MITRE を活用

クラウド ネイティブの脅威を MITRE ATT&CK フレームワークにマッピングして応急処置ができるようにすることで、セキュリティ オペレーション センター (SOC) を強化します。

保護

5 コンプライアンス維持、(データおよび許可)

コンプライアンスとガバナンス維持のためにセキュリティ統制を自動化し、ビジネスの継続性を確保します。

MVISION Cloud Native Application Protection Platform の革新によって5つの主要機能が実現しました。 MVISION CNAPPは、アプリケーションとデータのコンテキストを使って、パブリック クラウド インフラストラクチャ向けクラウド セキュリティ ポスチャ マネジメント (CSPM) とクラウド ワークロード保護 (CWPP) を統合し、ホストとワークロード (VM、コンテナ、サーバーレス機能を含む) を保護します。

MVISION CNAPP で Dev Ops と Sec Ops を統合