データベース コンテンツ パック

概要

データベースに対する不審なアクティビティを監視することで、内部での不正利用、認証情報の窃盗、特権昇格、データベース特有の攻撃、監査証跡の変更、設定ミスなどを見つけることができます。 このコンテンツ パックを利用して監視を行うことで、データベースに対する攻撃イベント、言語別の SQL イベント、不審なデータベース イベントを識別し、アラートを送信することができます。 データベース イベントは、時間枠、ドメイン、ホスト、位置情報などでフィルタリングできるので、不審な利用をすぐに見分けることができます。 システム管理者は、このコンテンツ パックを利用して環境内でのドメイン ポリシーの変更や特権セキュリティ グループのメンバー変更を追跡できます。 これらの項目に対して変更を行ったユーザーを追跡することで、不審な変更を検知し、修正することができます。

コンテンツ パックのコンポーネント

ビュー
  • 言語タイプ別のデータベース イベント
  • サブタイプ別のデータベース イベント
  • データベース攻撃アクティビティ
  • データベースへのログオン失敗
  • データベースへのログオン成功
レポート

レポートは、環境に合わせて調整できます。

  • データベース - データベース イベント
  • データベース - データベース ログオン イベント
相関分析ルール
  • データベース - 会社の所在地以外で発生したアクティビティ
  • データベース - リモート ホストが試みたデータベースの設定変更
  • データベース - 攻撃発生後のデータの一括転送
  • データベース - 攻撃発生後のデータベース イベント アクティビティ
  • データベース - 単一ソースからの過剰なデータベース接続
  • データベース - 攻撃の可能性があるアクティビティ
  • データベース - DCL イベント数の増加
  • データベース - DDL イベント数の増加
  • データベース - DML イベント数の増加
  • データベース - TCL イベント数の増加
  • データベース - データベース アクセスの複数回の失敗
  • データベース - 監査証跡に対する複数回の変更
  • データベース - SQL インジェクションの可能性 - 重大度が低いクエリー
  • データベース - SQL インジェクションの可能性 - クエリーの失敗 (宛先ユーザー別)
  • データベース - SQL インジェクションの可能性 - クエリーの失敗 (ソース IP 別)
  • データベース - ソースと宛先のユーザーが異なるログオン

必要な製品

  • McAfee Enterprise Security Manager (ESM) 10.0.x、9.6.x、9.5.x
  • McAfee Advanced Correlation Engine (ACE) 10.0.x、9.6.x、9.5.x

コンテンツ パックのダウンロード

ServicePortal にご登録の方は、ナレッジセンターにログインすると、詳しいドキュメントを入手できます。また、コンテンツ パック ファイルをダウンロードできます。

記事を読む

検索

他のコンテンツ パックやパートナー統合を検索できます。

すべて表示

無料トライアル

McAfee Enterprise Security Manager をお試しください。

無料トライアルの登録