large-logo-mcafee

McAfee MVISION Cloud

ビジネスを加速化するクラウド セキュリティ

デモを依頼 最新の研究レポートを読む

クラウド時代のデータ セキュリティ

McAfee MVISION Cloud は、クラウド上のデータや、クラウド用に開発されたソリューションのデータを保護するクラウド アクセス セキュリティ ブローカー (CASB) です。 これは、クラウド ネイティブのデータ セキュリティです。

 

target-0

検出

クラウド サービスを利用するすべてのデータ、コンテキスト、ユーザーの動作を完全に可視化します。

lock-1

保護

クラウドと送受信される機密情報を常に保護します。

tools-2

修復

クラウド サービス内のポリシー違反やセキュリティ脅威をリアルタイムで検出し、アクションを実行します。

主なユースケース

 

クラウド内のデータにデータ損失防止 (DLP) ポリシーを適用

McAfee のコンテンツ エンジンが自動的に機密情報を分類し、クラウド上で情報の削除や隔離を行います。これにより、クラウドベースのメールとメッセージによるデータの流出を防ぎます。

 

未承認のユーザーとの機密データの共有を防止

ファイルとフォルダーに設定された様々な権限 (所有者、編集者、閲覧者など) を識別し、権限のダウングレードまたは失効を行い、共同作業ポリシーをリアルタイムで適用します。

 

個人所有のデバイスへの会社データのダウンロード/同期をブロック

デバイスの OS、管理状況などのコンテキスト情報を利用してアクセス ポリシーを適用し、信頼されていないデバイスへの機密データのダウンロードを阻止します。

 

乗っ取られたアカウント、内部脅威、マルウェアを検出

機械学習を利用して、アカウントの乗っ取りや内部脅威を検出する動作モデルを構築します。シグネチャを適用してサンドボックスで処理し、クラウド内のマルウェアを識別して脅威を阻止します。

 

暗号化キーでクラウド データを暗号化

自分だけが知っている暗号化キーを使用して、クラウド内の機密データを暗号化します。検索などの機能は通常どおり使用できます。 暗号化されたデータにアクセスできるのは本人だけです。クラウド プロバイダーもアクセスできません。

 

クラウド サービスのセキュリティを監査し、強化

クラウド サービスのセキュリティ設定を監視し、監査します。推奨の変更方法を取得し、ユーザー権限の監査と強化など、業界のベストプラクティスに従ってセキュリティを強化できます。

 

使用中のクラウド サービスとそのリスク プロファイルを確認

使用中のクラウド サービスの概要とそのリスク プロファイルを確認できます。リスクは、Cloud Security Alliance の規定に従って CloudTrust (1 ~ 10 の 10 段階) で評価されます。このリスク情報に基づいてポリシーを試行できます。

お客様の声

クラウド用に設計された McAfee MVISION Cloud により、データ損失防止 (DLP)、権限管理、データ分類、脅威対策、暗号化などのセキュリティ ポリシーをクラウド環境に適用しています。

- Mauro Loda、DuPont クラウド セキュリティ チーフアーキテクト

詳細を見る > DuPont

McAfee MVISION Cloud のダッシュボードで、環境全体の状況を把握し、適切な対策を行うことができます。

- Shaun Marion、Honeywell 最高情報セキュリティ責任者

詳細を見る > Honeywell

McAfee MVISION Cloud により、多層的なセキュリティ対策が可能になりました。データ損失防止や Box のアクセス制御を行うことで、共同作業を安全に進めています。

- Tim Tompkins、Aetna セキュリティ イノベーション担当シニア ディレクター

詳細を見る > Aetna

McAfee MVISION Cloud を利用して、Salesforce の個人情報を暗号化しています。自分たちで管理できる暗号化キーで暗号化できるので、不正なアクセスを防ぎながらも、検索やソートは通常どおり実行できます。

- Mike Bartholomy、Western Union 情報セキュリティ シニア マネージャー

詳細を見る > Western Union

Gartner Magic Quadrant クラウド アクセス セキュリティ ブローカー部門

最新の CASB Magic Quadrant で、13 の CASB ベンダーについてビジョンの完全性と実行能力が評価されました。

レポートをダウンロードする

The Forrester Wave™: クラウド セキュリティ ゲートウェイ (2019 年第 1 四半期)

このレポートでは、クラウド アクセス セキュリティ ブローカー (CASB) ともいわれるクラウド セキュリティ ゲートウェイ プロバイダーを現在のサービス内容、戦略、市場プレゼンスなどの項目で評価しています。ダウンロードして詳細をご覧ください。

レポートをダウンロードする

McAfee MVISION Cloud 製品

Office 365 のデータとユーザーを保護する製品です。セキュリティ、コンプライアンス、法規制の要件を満たしながら、ビジネスを推進できます。

データシートをダウンロード >

包括的なモニタリング、監査、修復機能により、セキュリティの誤設定、脅威、データ漏えいから AWS インフラを保護します。

データシートをダウンロード >

セキュリティ 、コンプライアンス、法規制の要件を満たしながら、Box のクラウドベースのファイル共有/コラボレーション サービスの機能を十分に活用できます。

データシートをダウンロード >

会社が所有する暗号化キーで構造化データを暗号化し、内部の脅威や感染アカウントによるデータ漏えいを防ぎます。

データシートをダウンロード >

包括的なモニタリング、監査、修復機能により、セキュリティの誤設定、脅威、コンプライアンス違反から Azure サブスクリプションを保護します。

データシートをダウンロード >

使用中のすべてのクラウド サービスを検出し、アップロードされたデータ量を確認します。脅威を検知してクラウド統制ポリシーを適用します。

データシートをダウンロード >

追加リソース

クラウド アクセス セキュリティ ブローカー (CASB) とは

クラウド アクセス セキュリティ ブローカーは、オンプレミスまたはクラウド上にホスティングされたソフトウェアで、ユーザーとクラウド サービス間のセキュリティ制御ポイントとして機能します。オンプレミス インフラのセキュリティ ポリシーやコンプライアンス ポリシーをクラウドに展開できます。

詳細を見る

最適な CASB 配備モード

CASB には、複数の配備オプションがあります。クラウド サービスを利用するモバイル、デスクトップ、リモート、オンプレミス環境のユーザーとデータを保護できます。 Gartner は、すべてのユーザー、デバイス、サービスに対応するため、複数の配備オプションのある CASB ソリューションを推奨しています。

詳細を見る

クラウドの機能を安心して利用しましょう

デモを依頼