large-logo-mcafee

McAfee MVISION EDR

脅威検知機能を強化、調査と対応が簡単に

ソリューション概要を読む

従来の EDR ソリューションと異なり、手間のかかる作業は不要に

McAfee MVISION Endpoint Detection and Response (EDR) は AI を利用して関連リスクを調査し、高度な脅威も未然に防ぎます。エビデンスの収集と分析が自動的に行われるので、手間のかかる作業を行う必要はありません。

不要なアラートを削減

エンドポイントのアクティビティを継続的に監視し、不審な動作を検出します。膨大なデータから有益なコンテキスト情報を抽出します。新たに発生する脅威も見逃しません。 アナリストは、脅威の優先度に基づいて迅速に対応し、被害を最小限に抑えることができます。

既存のリソースで、より多くのことを

セキュリティ部門は人材が不足しています。  ガイド付きの調査機能により、複数のソースからエビデンスを収集し、自動的に質問に答えます。より堅牢な防御対策を行い、侵害による影響を最小限に抑えることができます。   ガイド付きの調査機能を利用することで、アナリストのスキルを向上させることができます。SOC のリソースを増やす必要はありません。 

メンテナンスに手間がかからないクラウド ソリューション

クラウドベースの配備と分析機能により、経験豊富なアナリストは戦略的な防御に専念できます。ツールのメンテナンスや防御訓練に時間を取られることはありません。 ユーザーは、オンプレミスの管理プラットフォームである McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) を使用することも、インフラのメンテナンスが不要な SaaS ベースの McAfee MVISION ePO を利用することもできます。 いずれの場合も、組織に適切なソリューションを実装できます。

製品ツアー

次のステップ

実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ