AI を活用した脅威調査

不要なアラートを削減

脅威の検出から対応までの時間を短縮できます。 MVISION EDR を利用すると、脅威の優先度を迅速に判断し、脅威の影響を最小限に抑えることができます。

既存のリソースで、より多くのことを

ガイド付きの調査機能により、複数のソースからエビデンスを収集し、自動的に質問に答えます。SOC のリソースを増やす必要はありません。

メンテナンスに手間がかからないクラウド ソリューション

クラウドベースの配備と分析機能により、経験豊富なアナリストは戦略的な防御に専念できます。ツールのメンテナンスに時間を取られることはありません。 最適なソリューションを実装できます。

製品ツアー

製品機能

簡単な配備

オンプレミスの管理プラットフォームである McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) を使用することも、インフラのメンテナンスが不要な SaaS ベースの McAfee MVISION ePO を利用することもできます。

インシデント対応に集中

煩雑な管理作業がなくなるため、経験豊富なアナリストは脅威ハンティングに集中できます。これにより、インシデント対応の時間を短縮できます。

新たに発生する脅威を可視化

エンドポイントのアクティビティを監視し、不審な動作を検出します。膨大なデータから有益なコンテキスト情報を抽出します。新たに発生する脅威も見逃しません。

AI を活用した調査機能

MVISION EDR は、機械学習による分析情報を提供します。

アナリストのスキルを向上

ガイド付きの調査機能により、セキュリティ アナリストは継続的な学習を行い、スキルを向上させていくことができます。

手動によるプロセスを排除

エビデンスの収集と分析を自動的に行います。

MVISION EDR 関連製品

MVISION Endpoint

McAfee MVISION Endpoint は、高度な脅威検出と修復機能を提供します。Microsoft Windows ネイティブのセキュリティ機能を強化できます。

詳細を見る

MVISION Mobile

オンデバイスの脅威検出/保護機能で、すべての Android/iOS モバイル デバイスを保護します。 McAfee MVISION Mobile は、機械学習のアルゴリズムを使用して不正な動作を識別し、アプリケーションやネットワークの脅威を阻止します。

詳細を見る

MVISION ePO

McAfee MVISION ePO は、SaaS (Software-as-a-service) 型のセキュリティ一元管理コンソールで、デバイスからクラウドまでのセキュリティを可視化し、管理できます。Microsoft Defender と McAfee のセキュリティ技術を一緒に管理できます。

詳細を見る

データシート

ダウンロード

詳細情報

お問い合わせ