複数のセキュリティ ソリューションで脅威インテリジェンスを共有

システムをリアルタイムで保護

他のシステムに脅威インテリジェンスをリアルタイムで提供し、新たに発生する脅威から組織のあらゆるポイントを保護します。

複数の脅威情報源を統合

Data Exchange Layer (DXL) を利用し、サードパーティのソリューションを含むセキュリティ ソリューション間で脅威データを迅速に共有します。

適応型の検出

不明なファイルを早期に検出し、迅速に対応できます。また、保護のコストも削減できます。

エンドポイント保護を強化

広範な脅威インテリジェンスでファイルを正確に分析し、実行を許可するかどうか判断できます。組織のリスク許容レベルに応じてポリシーをカスタマイズできます。

迅速な可視化

未知の不審なファイルに対して迅速な対応が可能になります。

脅威インテリジェンスを統合

McAfee Global Threat Intelligence、サードパーティ、ローカルのセキュリティ ソリューションから収集したデータを統合し、脅威情報を共有します。

製品機能

脅威インテリジェンス エコシステムを構築

オープンな通信フレームワークである DXL が個々のセキュリティ ソリューションを接続します。

脅威データを共有

エンドポイント、ゲートウェイ、ネットワーク、データセンターを保護するセキュリティ ソリューションでセキュリティ情報をリアルタイムで共有します。

攻撃をブロック

DXL を利用することで、McAfee と他社のセキュリティ製品の間で保護対策を共有し、新たに発生する攻撃を未然に防ぐことができます。

データシート

ダウンロード

詳細情報

お問い合わせ