McAfee Threat Intelligence Exchange

セキュリティ インフラを協調型のシステムに変える

複数のセキュリティ ソリューションで脅威インテリジェンスを共有

McAfee Threat Intelligence Exchange は、数日~数か月かかるマルウェアの発見から封じ込めをわずか数ミリ秒で行い、最適な脅威対策を実施します。

システムをリアルタイムで保護

このシステムは、他のシステムに脅威インテリジェンスをリアルタイムで提供し、新たに発生する脅威から組織のあらゆるポイントを保護します。

複数の脅威情報源を統合

Data Exchange Layer (DXL) を利用し、サードパーティのソリューションを含むセキュリティ ソリューション間で脅威データを迅速に共有します。

適応型の検出

McAfee Threat Intelligence Exchange は、適応型の脅威対策により、未知のファイルに潜む脅威を検出します。対応までの時間を短縮し、コストを削減できます。

エンドポイント保護を強化

様々な情報源から脅威情報を収集し、ファイルを正確に分析して実行を許可するかどうか判断できます。組織のリスク許容レベルに応じてポリシーをカスタマイズできます。

複数のセキュリティ コンポーネントを統合

迅速な可視化

複数の情報源から収集した情報とコンテキスト データを統合することで、より適切な意思決定が可能になり、以前では検出されなかった不正なファイルに対応できます。

脅威情報をリアルタイムで提供

McAfee Global Threat Intelligence やサードパーティからインポートした脅威情報とローカルのセキュリティ ソリューションから収集した情報を統合し、ネットワークでリアルタイムに共有します。

脅威インテリジェンス エコシステムを構築

DXL が個々のセキュリティ ソリューションを統合します。 マカフィーと他社のセキュリティ製品でデータを共有し、新たな攻撃に対する保護対策を迅速に展開します。

連携によるセキュリティ対策の最適化

高度な脅威を阻止する秘密兵器があります。詳細をご覧ください。

システム要件

対応プラットフォーム

McAfee Threat Intelligence Exchange は、次のコンポーネントから構成されます。
  • McAfee Threat Intelligence Exchange Server 2.1
  • Data Exchange Layer Client 2.0 以降
  • McAfee Threat Intelligence Exchange Module 1.0.1
    • VirusScan Enterprise 8.8 パッチ 5 用
    • Endpoint Security 10.1 以降用
McAfee Threat Intelligence Exchange の追加要件:
  • McAfee エンドポイント保護
    • McAfee VirusScan Enterprise 8.8 パッチ 5
    • McAfee Endpoint Security 10.1 以降
  • McAfee セキュリティ管理
    • McAfee ePolicy Orchestrator 5.1.1 以降
  • 仮想化インフラ
    • VMWare vSphere 5.5 以降と ESXi 5.1 以降

他のテクニカル リソースが必要ですか? McAfee Expert Center をご覧ください >

McAfee Threat Intelligence Exchange の詳細情報

ホワイトペーパー

連携するセキュリティ

弊社のオープンな統合アーキテクチャを使用すると、古い単体製品を連携させ、セキュリティ インフラ全体を最適化し、脅威対策ライフサイクルを強化できます。

ホワイトペーパーを読む >
データシート

McAfee Threat Intelligence Exchange

McAfee Threat Intelligence Exchange は、高度な標的型脅威の検出から封じ込めまでにかかる時間を大幅に短縮し (数日~数か月から数ミリ秒)、脅威対策を最適化します。

データシートを読む >
ソリューション概要

McAfee Threat Intelligence Exchange と McAfee Endpoint Protection

McAfee Threat Intelligence Exchange は、革新的なエンドポイント保護を提供します。過去の脅威を学習し、新たな攻撃をすぐに無力化します。

ソリューション概要を読む >

McAfee Threat Intelligence Exchange 関連製品

従来のサンドボックスと異なり、McAfee Advanced Threat Defense は回避技術を駆使する脅威も検出します。 ネットワークからエンドポイントまでを網羅している McAfee のソリューションとの緊密な統合により、環境全体で情報を迅速に共有し、保護機能と検索機能を強化できます。攻撃を受けた場合でも迅速に問題を修正し、修復することができます。

詳細を見る >

McAfee Endpoint Threat Defense は、エンドポイントが攻撃される前に不正なアクションを封じ込め、被害を未然に防ぎます。機械学習を使用して不審な動作を分類し、新たな脅威も阻止します。

詳細を見る >

McAfee Endpoint Threat Defense and Response には、高度な保護対策とエンドポイント検出対応 (EDR) 技術が統合されています。これにより、ランサムウェアや他のグレーウェイなどの高度な脅威を検出・隔離し、排除することができます。

詳細を見る >

McAfee Enterprise Security Manager は、高速で正確な SIEM (セキュリティ情報イベント管理) とログ管理を行います。

詳細を見る >

McAfee Network Security Platform は、費用対効果に優れた侵入検知システムにより、ネットワークに接続されているすべてのデバイスをゼロデイなどの攻撃から保護します。

詳細を見る >

McAfee Security for Email Servers は、受信メールと送信メールに潜むウイルス、スパム、不要なプログラムをブロックし、Microsoft Exchange と Lotus Domino Server を保護します。

詳細を見る >

McAfee VirusScan Enterprise は、使いやすい包括的なウイルス対策ソリューションです。ウイルスなどの脅威からシステムを保護します。

詳細を見る >

McAfee Web Gateway は、すべての Webトラフィックを分析し、ゼロデイマルウェアなどの攻撃によるデータの漏洩を防ぐ高性能な Web ゲートウェイです。

詳細を見る >

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ