グローバルで高性能なアーキテクチャ

最高の脅威対策

McAfee Web Gateway Cloud Service には、McAfee Web Gateway と同じ技術が搭載されています。SSL を含むすべての Web トラフィックに対応し、ゼロデイ マルウェアをプロアクティブに検出します。

コスト効率に優れた配備

McAfee Gateway Cloud Service はハードウェアを必要としません。ハードウェアを追加購入する必要はありません。また、アプライアンスとそのソフトウェアのパッチ適用、アップグレード、保守を行うリソースも必要ありません。

場所に依存しないセキュリティ

クラウドに対するルートが複数用意されているので、どのデバイス、ユーザー、場所でも保護できます。ネットワーク ベースのルーティング方法を選択することも、エンドポイント ベースの認証とポートレベルのルーティングに McAfee Client Proxy を使用してクラウド サービスと McAfee Web Gateway の両方に接続することもできます。

基本的な保護対策だけでは不十分

トラフィックの処理時に振る舞いをエミュレーションし、ゼロデイ マルウェアをミリ秒単位で阻止します。

TCO を削減

Web セキュリティをクラウド サービスとして動的に配備することで、総所有コストを抑え、ハードウェア アプライアンスと保守に必要なリソースの数を減らすことができます。

ネットワークを超えてユーザーを保護

クラウドの普及で従来のネットワーク境界がなくなりました。オフネットワークのユーザーも保護する必要があります。

製品機能

Web セキュリティを拡大

McAfee Web Gateway Cloud Service は、McAfee Web GatewayMcAfee Web Protection と一緒に配備できます。オプションのハイブリッド ソリューションを使用すると、オンプレミスのゲートウェイを維持しながら、ローミング ユーザーやリモート オフィスにクラウド経由で Web セキュリティを展開できます。

データシート

ダウンロード

無料トライアル

ダウンロード

詳細情報

お問い合わせ