インテリジェントで高度な脅威管理

脅威の優先度を迅速に判断し、調査と対応を効率的に行う

有益な脅威情報に基づく行動

効果的な脅威検出を行うには、関連するデータを収集し、インテリジェントなシステムでノイズから信号を取り出す必要があります。McAfee の適応型のセキュリティ アーキテクチャでは、グローバルな脅威情報とローカルの情報を統合し、IT インフラ全体で脅威情報をリアルタイムに共有できます。まだ広範囲に広がっていない攻撃のデータも集計し、共有できます。

データ (脅威情報だけでなく、ローカルの組織データも) とプロセスを統合することで、可視化を実現し、脅威、リスク、セキュリティ ポスチャを診断できます。ほぼリアルタイムで優先度を判断し、行動できます。

強力なセキュリティ ポスチャの維持

弊社のプロフェッショナル サービス チームは、お客様が問題の原因を突き止め、脆弱性の再発を防止できるように、緊急インシデント対応からインシデント対応計画まで、様々なサポートを提供しています。

より迅速な脅威検出と対応

有益な情報の取得

インシデント対応の担当者だけでなく、エンドポイントとネットワークの運営チームにも有益な脅威情報を提供します。これらの情報により、封じ込めと修復をより短時間で行うことができます。

セキュリティの効率化

McAfee 製品は、1 つのソリューションとして相互に連携して機能します。特定のビジネス要件に最適なスイートを組み合わせて配備できます。 弊社の統合セキュリティ ソリューションを使用すると、優先度の判断、調査、対応を迅速に行い、経営陣に正確な報告をタイムリーに行うことができます。

集中管理

イベントと脅威フィード、ポリシー、配備を 1 つのダッシュボードで管理できます。互換性のあるサードパーティ製品と McAfee 製品を接続できるので、可視性とワークフローを強化できます。

迅速な展開

リソースが制限されている環境でも、セキュリティ データの増加とインシデントの複雑化に合わせて脅威管理を最適化できます。

データセンターとクラウドを保護する弊社の製品

弊社の SIEM の基盤となる McAfee Enterprise Security Manager は最新のセキュリティ情報をリアルタイムで提供し、迅速な状況認識を可能にします。ステルス性の脅威を迅速に識別し、対応できます。組み込みのフレームワークでコンプライアンス対応を簡単に行うことができます。

詳細を見る >

高度な標的型攻撃の検出し、有効な脅威情報を提供します。 従来のサンドボックスと異なり、McAfee Advanced Threat Defense は回避技術を駆使する脅威も検出します。

詳細を見る >

高度な分析機能でデータとプロセスの統合を向上します。セキュリティ チームは、提供された有益な情報に基づき、新たに発生する脅威を早期に識別し、イベントの優先度に従って迅速な対応が可能になります。

詳細を見る >

脅威検出と対応を最適化します。新たに発生する脅威から組織全体を保護します。

詳細を見る >

インテリジェントで高度な脅威管理の詳細情報

ホワイトペーパー

サイバー攻撃の動機を理解して防御策を強化する

攻撃者の真の動機を理解することで、適切な防御策を実施できます。

ホワイトペーパーを読む >
インフォグラフィック

サイバーセキュリティの分析とオペレーションの変化

セキュリティ オペレーションの断片化、ツールの複雑さ、急速な脅威状況の変化に対応するには、統合と自動化が欠かせません。

インフォグラフィックを見る >
レポート

Securosis: SIEM を使いこなす技術

詳細なユース ケースとプロセスの改善で、現在の SIEM を最大限活用する方法をご覧ください。

レポートを読む >

ヘルプが必要ですか?

プロフェッショナル サービス、実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ