ビジネスを加速化するクラウド セキュリティ

デバイスからクラウドまでのデータ保護を統合

McAfee のクラウド セキュリティ ソリューションと McAfee のデバイス セキュリティを統合することで、効率的なオペレーションが可能になります。 デバイスを保護するデータ損失防止 (DLP) をクラウドに展開し、クラウド サービスで利用できます。

IT 環境のトランスフォーメーション

Office 365、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure に安全に移行できます。セキュリティとコンプライアンスの要件を満たしながら、迅速な共同作業が可能になり、より柔軟にビジネスを行うことができます。

マルチクラウドに対応

データとアプリケーションをパブリック クラウドハイブリッド クラウドプライベート クラウドまたは SDDC (Software-defined Data Center) 環境に移行し、マルチクラウド環境でデータ損失防止、脅威対策、アプリケーション セキュリティの集中管理を実施できます。

共有責任

導入事例

クラウド セキュリティの詳細情報

McAfee MVISION Cloud

クラウド ネイティブのセキュリティ対策で SaaS、PaaS、IaaS を一元管理し、クラウドのデータを脅威から保護します。

データシートを読む

CASB

クラウド アクセス セキュリティ ブローカー (CASB) は、ユーザーとクラウド サービスの間でセキュリティ制御ポイントとして機能するオンプレミスまたはクラウド ホストのソフトウェアです。

ブログを読む

マルチクラウド戦略

マルチクラウドは、より多くのビジネス価値をもたらします。マルチクラウドを効果的に利用するための戦略をご覧ください。

ガイドを見る

McAfee のクラウド セキュリティ ポートフォリオ

無料のクラウド監査

リクエスト

詳細情報

お問い合わせ