クラウド セキュリティ

クラウドを最も安全なビジネス環境に変える保護技術

McAfee は Skyhigh Networks を買収しました。詳細を見る >

クラウドの採用状況とセキュリティに関する調査 (2018 年)

McAfee では、クラウド セキュリティの動向を毎年調査しています。その結果、クラウド ユーザーの 4 人に 1 人はデータ窃盗の被害を受けていることが分かりました。 クラウド サービスの導入時に何を注意しなければならないのでしょうか。また、データを保護するには何が必要でしょうか。詳細をご覧ください。

Data security and threat defense from device to cloud

Modern IT architecture is rapidly evolving, with the cloud and devices becoming the new anchors for enterprise data. Your move to Office 365 enables rapid collaboration, while Amazon Web Services (AWS) and Microsoft Azure help your infrastructure become more responsive and elastic, which drives unparalleled innovation. However, theft of data or an attacker gaining entry to your cloud infrastructure can stop innovation in its tracks.

McAfee cloud security solutions extend your security from device to cloud with data visibility, data loss prevention, and advanced threat protection on a platform that supports an open ecosystem. Our goal is to make the cloud the most secure environment for your business.

McAfee Cloud Security Products

McAfee Skyhigh Security Cloud

Protect data in the cloud, from the cloud with cloud access security broker (CASB) technology.

Learn More >

McAfee Cloud Workload Security

Defend against advanced attacks with common management across public and private cloud infrastructure, deployable as code to work with your DevOps tools.

Learn More >

McAfee Virtual Network Security Platform

Monitor and detect threats in cloud network traffic, closing the security gap of workload-to-workload communication.

Learn More >

Leader, 2017 Gartner Magic Quadrant for Cloud Access Security Brokers
Read Report > Gartner

Leader, 2018 Gartner Magic Quadrant for Intrusion Detection and Prevention Systems.


McAfee's support for public cloud deployments is leading the market for this capability.

Read Report> Gartner

クラウド セキュリティのリソース

レポート

Gartner Magic Quadrant クラウド アクセス セキュリティ ブローカー (CASB) 部門

CASB に対する Gartner の分析と推奨事項をご覧ください。

レポートを読む >
レポート

Gartner マーケットガイド: クラウド ワークロード保護プラットフォーム

最近のハイブリッドなデータセンターでは、プライベート クラウドとパブリック クラウドを利用して、アプリケーションとワークロードを実行しています。クラウド ワークロード保護プラットフォームに対する Gartner の分析と推奨事項をご覧ください。

レポートを読む>
Web キャスト

オンデマンド Web キャスト: クラウド ワークロードを保護するためのガイド - Gartner

クラウドのセキュリティとは、クラウド リソースの特性に合ったソフトウェア定義の継続的配信モデルを採用することです。

今すぐ見る>
GUIDE

Interactive Guide: How to Automate Security Across Multiple Clouds

Explore the use cases below to discover how to secure AWS, Azure, and VMware private clouds together. Read Gartner’s perspective to learn more about each use case.

Read Guide>

共有責任とは?

使用するクラウド サービスの種類に応じてセキュリティの責任が変わります。詳細をご覧ください。

すべての環境に対応したクラウド セキュリティ

クラウド サービスの利用でビジネスを迅速に展開することができます。しかし、クラウドの種類 (パブリック クラウドハイブリッド クラウドプライベート クラウド) に関わらず、クラウドにデータやアプリケーションを移行すると、脅威リスクが高まります。

パブリック クラウドの場合、データ セキュリティが最低限必要になりますが、IaaS (infrastructure-as-a-service) の場合、アプリケーション、オペレーティング システム、仮想ネットワーク トラフィックの保護は共有責任になります。 McAfee のパブリック クラウド セキュリティ ソリューションを使用すると、Office 365 などの SaaS (software-as-a-service) アプリケーションにデータ損失防止とアクセス制御を拡大し、仮想データセンターのセキュリティポリシーを AWSMicrosoft Azure に展開して、ハイブリッドなクラウド セキュリティを効率的に管理できます。

プライベート クラウドや仮想化されたサーバー インフラで実行されるソフトウェア定義データセンター (SDDC) では、リソースを最大限に活用できるようにセキュリティ ポリシーを調整し、管理とオーケストレーションを行うことができます。 VMware NSX で動作が確認されている仮想侵入防止システム (IPS) を使用すると、インフラにマイクロセグメンテーションを適用し、仮想マシンごとにセキュリティ ポリシーを管理できます。 仮想環境用に最適化されたマルウェア対策は、リソースを大量に消費するタスクのスケジュールを自動的に設定します。たとえば、ハイパーバイザーの負荷が高くないときにスキャンを実行します。 プライベート クラウド内でも、複数のパブリック クラウド環境間でも、Chef や Puppet などの自動配備ツールを使用して、セキュリティ機能をコードとして効率的に配備できます。

ヘルプが必要ですか?

プロフェッショナル サービス、実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ