bg-data-center-cloud-defense

データセンターのセキュリティとクラウドの保護

データセンターのセキュリティ規格を統合し、進化する環境に対応

最新の調査結果を見る

クラウドの進化に伴うデータセンターの可視化

データセンターのセキュリティ アーキテクチャは大きく変わりました。 ハイブリッドなデータセンターは、物理環境と仮想環境の両方から構成され、プライベート/パブリック クラウドのインフラへの移行が進んでいます。これにより、ビジネスの敏捷性と効率的な運用が実現されています。しかし、これらの環境全体を把握し、保護することは簡単ではありません。

McAfee は、ハイブリッド インフラ全体の可視化と統制を実現する統合的なアプローチを提供しています。これにより、クラウドを保護し、データセンターを安全に移行することができます。弊社の統合アーキテクチャは、物理環境や仮想環境だけでなく、プライベート クラウドパブリック クラウドなどのクラウド サービスにも対応しています。複数のセキュリティ技術が調整されるので、セキュリティ オペレーションを効率的に行うことができます。 弊社では、ハイブリッド クラウドに対しても、データセンター セキュリティの統合と自動化で集中管理を可能にすることを目指しています。

データセンターの可視性と集中管理

visibility-0

可視化

データセンターのセキュリティを最適化するには、クラウドでのオペレーションとワークロードを可視化する必要がありますIaaS、SaaS、プライベート クラウド サービスなど、クラウドの種類を識別してデータの使用状況をモニタリグし、共通のセキュリティ ポリシーを使用してシャドウ IT を検出し、ワークロードを保護する必要があります。

grow-1

簡単なスケーリングと新しい技術への対応

データセンターのセキュリティ リスクと不要なオペレーションを回避し、新しいデバイス、アプリケーション、クラウド サービスに対応する必要があります。IT スタッフを追加することなく、最先端の技術を利用可能にする必要があります。

tools-2

ハイブリッド アーキテクチャに対応したセキュリティ

従来のオンプレミスのデータセンターからプライベート/パブリック クラウド ソリューションまでを網羅するデータセンター セキュリティを利用する必要があります。物理、仮想、クラウド環境から構成される IT インフラ全体を保護しなければなりません。

connected-3

統合されたセキュリティ管理

従来のインフラだけでなく、プライベート、パブリック、ハイブリッド クラウドに対応した統合セキュリティ管理でデータセンターの運用コストを抑え、防御能力を向上させる必要があります。McAfee の統合アプローチにより、異種のコンピューティング環境を保護するセキュリティを一元管理し、セキュリティ オペレーションを簡素化できます。

データセンターとクラウドを保護する弊社の製品

物理環境、仮想環境、クラウドでもネットワーク内で巧妙な脅威を検出し、ブロックします。McAfee Network Security Platform (IPS) は、複数の高度な検出技術を利用し、これまで検出されなかった脅威をブロックします。強力な調査ワークフローにより、関係のないアラートの生成を減らし、データ侵害を迅速に検出できます。

詳細を見る >

クラウド ネットワーク トラフィックを可視化し、制御します。内部ワークロードに対する攻撃を阻止し、マイクロセグメンテーションで食らうぢ環境を強化します。AWS 環境で McAfee Virtual Network Security Platform を無料でテストできます。

詳細を見る >

ワークロードを検出してサーバーを保護し、クラウドに展開します。サーバーの存在場所 (仮想環境、オンプレミス、クラウド) に関係なく、基幹業務のサーバーに強固なセキュリティを構築し、効率的なコンプライアンス管理を行うことができます。

詳細を見る >

巧妙なマルウェアを識別し、脅威情報に基づいて保護対策を実行します。これらのソリューションは既存の McAfee 製品を最適化します。高度なマルウェア調査技術で検出能力を強化し、詳細な静的分析でコードを解析します。また、機械学習によってサンドボックスの能力を強化し、高度な回避技術を駆使する脅威を検出します。

詳細を見る >

ローカルで収集された情報とグローバルの脅威情報が共有され、複数のセキュリティ対策が 1 つの統合ソリューションのように機能します。

詳細を見る >

データセンターとクラウドの保護基盤

ハイブリッド クラウド セキュリティ

データセンターの進化に合わせて、プライベート クラウドとパブリック クラウドのデータセンター セキュリティを統合する必要があります。集中管理プラットフォームを使用してセキュリティを管理し、共通のセキュリティ ポリシーを実施する必要があります。

詳細を見る >

プライベート クラウド セキュリティ

統合されたデータセンター セキュリティにより、高度に仮想化されたソフトウェア定義データセンターのすべてのワークロードを可視化し、保護します。

詳細を見る >

パブリック クラウドのセキュリティ

SaaS アプリケーション、IaaS ワークロード、パブリック クラウド上で重要データが存在する場所を可視化します。クラウド サービスに対するアクセスを制御し、ワークロードとパブリック クラウド上のデータを保護します。

詳細を見る >

データセンターとクラウドの保護するセキュリティ

ホワイト ペーパー
white-paper

IDC: ソフトウェア定義データセンターを採用するセキュリティ上の利点

SDDC は、組み込みのアーキテクチャを強化し、トラフィック モニタリング、脅威対策、インシデント対応によってセキュリティの最適化することで、組織のアジリティとセキュリティの強化を実現できます。

ホワイトペーパーを読む >
ホワイトペーパー

クラウド サービス プロバイダーへの質問

クラウド プロバイダーまたは SaaS プロバイダーを選ぶときに、データ セキュリティとプライバシーの対策を調査する必要があります。

ホワイトペーパーを読む >
レポート

クラウド データセンターのセキュリティと責任

多くの企業がクラウドへの移行を進めていますが、クラウドのセキュリティは可視性と統制が欠如しています。このような情報セキュリティの問題をどのように解決すべきなのか。詳細をご覧ください。

レポートを読む >

ヘルプが必要ですか?

プロフェッショナル サービス、実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ