bg-data-exchange-layer

Data Exchange Layer

複数のアプリを簡単に連携し、迅速な通信を実現

データシート

アプリ間で迅速かつ安全にメッセージを交換

セキュリティ オペレーションを効率的に行い、効果的なコンテンツ セキュリティを実現しましょう。Data Exchange Layer (DXL) の通信ファブリックを利用すると、異なるベンダーのセキュリティ製品、社内で開発ソースしたソリューション、オープンソース ソリューションを相互に接続し、セキュリティを最適化することができます。大規模な環境でも新しいデータに安全かつリアルタイムでアクセスできるので、他のセキュリティ製品と迅速に連携し、セキュリティ オペレーションを強化できます。Cisco pxGrid との統合により、エンドツーエンドの ID サービスを実現し、脅威を自動的に回避できます。

DXL コンポーネントをダウンロードする

OpenDXL: オープン規格とエコシステム

OpenDXL オープンソース プロジェクトでは、DXL を自由に利用し、DXL ファブリックで複数のアプリケーションを連携できます。OpenDXL.com の OpenDXL コミュニティとリソースでは、使用可能なアプリ、サポート情報、新しいアイデアなどが提供されています。

 

OpenDXL.comOpenDXL の統合OpenDXL SDK (GitHub)
web-page

OpenDXL Idea Book

セキュリティ オペレーションの統合、調整、加速化を簡単に行う 15 の方法を紹介します。

セキュリティの見直しが必要

automate-0

脅威回避ワークフローの短縮

情報をすぐに共有し、タスクを調整することで、新たに識別した脅威の検出から隔離、修復までの時間を短縮できます。Cisco pxGrid との統合で可視化を強化し、ベンダー エコシステムのアプリとデータを利用

connected-1

統合の煩雑さを解消

新しい配備、開発、設定ツールにより、5 分程度での統合が可能になりました。ファブリックのポリシーやサービスを簡単に定義できます。

compliance-2

アプリケーションの価値を高める

インフラ全体で有益な脅威データを共有できるので、アクションをすぐに実行できます。メッセージにより、McAfee ePolicy Orchestrator による更新、駆除、隔離を自動的に行うことができます。

詳細情報

DXL 5.0 は、McAfee MVISION によるデバイス/クラウド間の情報交換でバックグラウンドの通信レイヤーとして機能します。

詳細を見る >

McAfee と Cisco エコシステムに接続し、ポリシーによりアプリケーションで自動的に脅威を回避できます。

概要を読む >

DXL を利用しているユーザーが、統合セキュリティ技術の有効性について評価しています。詳細をご覧ください。

ビデオを見る >

この 14 分の動画で、Cisco ISE/pxGrid と McAfee ePO/DXL の統合事例と技術的な構成を紹介します。

ビデオを見る >

しくみ

開発は 1 回だけ

DXL アプリケーション フレームワークにより、統合を柔軟かつ簡単に行うことができます。標準的な統合形態と異なり、各アプリケーションは 1つの統合プロセスで共通の DXL 通信ファブリックに接続します。アプリケーション間の通信を共通の調整レイヤーで実行できます。1 つのアプリがメッセージを公開するか、サービスを呼び出すと、複数のアプリがそのメッセージを取得したり、サービス要求に対応します。

標準化を目的としているため、専用アーキテクチャへの依存度は低くなっています。ベンダー固有の API や要件から解放されるため、統合作業は非常に簡単になります。必要なすべての機能を新しい Docker コンテナーにパッケージ化し、1 つのイメージにサービスを作成/テストできます。

ラップも 1 回だけ

ブートストラップ ユーティリティを使用すると、既存の API に作成されたサービスを簡単にラップし、配布できます。テンプレートを使用してファイルを生成し、Python パッケージや Docker コンテナーとして標準化された配布を行うことができます。

このモデルにより、自社製品、市販の製品をラッピングしてデータを DXL に公開できます。より洗練されたアプリでは、一連のアクションを 1 つのスクリプトで実行します。手動または自動的に調整を行い、アクションを実行することができます。

配備も 1 回

小さな DXL クライアントとメッセージ交換管理の DXL ブローカーにより、標準化された統合プロセスと通信レイヤーを配備します。すべての DXL トラフィックは自社のネットワーク内で送受信されるので、プライバシーを保護さし、オペレーションを制御できます。ファイアウォールに対応したモデルでは、DXL 経由で最新の情報に常にアクセスできるように、クライアントとサーバー間の通信が維持されます。

アプリケーション自体の変更が公開または受信されると、DXL の抽象レイヤーが環境の残りの部分を隔離して変更を防ぎ、保守コストとリスクを削減します。

リソース

OpenDXL.com コミュニティ

統合について質問や不明な点がある場合には、OpenDXL.com では、専門家や開発者がツール、チュートリアル、サポートを提供しています。

詳細を見る >

OpenDXL のブログ

弊社のオープン プラットフォームの最新情報をご覧ください。

詳細を見る >

SANS 自動化と統合セキュリティに関する調査 2019 年

セキュリティとインシデント対応 (IR) の主な作業を自動化することで、人員不足を解消し、アラートを効率的に処理できます。 この新しい SANS の調査では、自動化に関する誤解と現実のギャップを検証しました。

レポートを読む >

Partner Business Center にログイン >

McAfee のエンタープライズクラスのサイバーセキュリティ技術プラットフォーム

ESG では、これまで個別に行われていたセキュリティ コントロールの自動化と統合に役立つサイバーセキュリティ技術プラットフォームの 8 つの特性について調査しました。

概要を読む >