サイバー脅威に恐れることなく、技術革新を推進する企業

成長を続けるこのエネルギー インフラ会社では、2,000 を超えるクラウド サービスを利用して作業効率を改善し、イノベーションを推進しています

Williams では、McAfee のテクノロジーを導入することで、パブリック クラウドを安全に利用し、業務を遂行しています。

Fortune 500 に入る大手エネルギー インフラ企業の Williams は、米国内の数千の顧客に天然ガスを供給しています。 オクラホマ州タルサを拠点とするこの企業は、米国とカナダに 5 つの本社と 150 以上の支社を展開し、5,800 人を超える従業員が勤務しています。 同社は、パイプラインなどの大規模インフラの主要プロバイダーとして、天然ガスに対する北米の需要増加に対応するだけでなく、世界的な潮流であるクリーン エネルギーに対しても積極的に取り組んでいくことをビジョンとしています。

「McAfee Skyhigh Security Cloud の優れた可視化機能により、新しいクラウド サービスでも安心して従業員に提供することができます。」

- Lee White、Williams セキュリティ リスク マネージャー

同社の成功の背景にはいくつかの要因がありますが、その一つは揺るぎない価値観と信念でしょう。この企業は、会社で最も価値のあるリソースは人材であると考えています。この信念に基づき、従業員の目標達成に必要な環境を整えています。Forbes で米国大企業の経営者ランキングで 22 位に選ばれているのも不思議ではありません。

この会社では、有能な人材を雇用し、革新的な仕事を行うために必要なツールを提供することを基本的な方針としています。 この方針に基づき、Smart Pigs や Pipeline Inspection Gauges などの新しい技術を次々と導入し、パイプラインの状態に関するデータを収集してパイプの状態を正確に測定しています。 Williams で次に重視されているのが安全性です。 同社は、カリフォルニア州北部のジョーダン湖に 24 インチの水平方向のドリルを設置しています。

Williams の社員はパブリック クラウドにアクセスしてサービスやアプリケーションを利用しています。 クラウドから数千のアプリケーションをダウンロードし、仕事効率化や Dropbox などのコラボレーション サービスなどを利用しています。 同社の従業員にクラウド サービスの利用が許可されたのは 5 年ほどのことです。 このときからセキュリティ リスクは増加し始めています。 同社は、すべてのクラウド サービスをブロックして生産性と作業効率を犠牲にするのではなく、リスクを減らしながら従業員がクラウドの恩恵を受けられる方法を検討しました。

その結果、McAfee Skyhigh Cloud Trust テクノロジーをベースにするクラウド ガバナンス フレームワークを実装しました。これにより、McAfee Skyhigh Cloud Trust の評価に基づいてブロックするサービスを判断し、サービスを迅速に提供できるようになりました。 「McAfee Skyhigh Security Cloud の優れた可視化機能により、新しいクラウド サービスでも安心して従業員に提供することができます」と Williams のセキュリティ リスク マネージャーである Lee White 氏は述べています。

デバイスからクラウドまでを保護するセキュリティ

 

McAfee Skyhigh Security Cloud により、Williams はクラウドの状況と関連するリスクを可視化し、クラウド サービスの評価と導入を迅速に行っています。また、ユーザーの操作に支障きたすことなく、ポリシーを適用し、コンプライアンスを維持しています。詳細をご覧ください。

ケーススタディを読む
 

初めての CASB Magic Quadrant で、11 の CASB ベンダーについてビジョンの完全性と実行能力が評価されました。レポートをダウンロードして詳細をご覧ください。

詳細を見る
 

クラウド用に構築された McAfee Skyhigh Security Cloud は、場所を問わずデータを保護します。詳細をご覧ください。

詳細を見る

McAfee のブログ

様々な規模の企業が McAfee セキュリティ ソリューションを利用して、最も重大なセキュリティ問題を解決しています。他社の事例もご覧ください。

ブログに移動する購読