bg-device-to-cloud

サイバー脅威に恐れることなく、技術革新を推進する企業

xerox

現在の高度に接続された世界で、コミュニケーション、作業形態、情報共有のイノベーションを推進する Xerox

McAfee とのパートナーシップにより、Xerox はセキュリティに対する顧客の懸念を解消しました。同社は、セキュリティに対する不安を払拭し、事業の変革を推進しています。

Xerox® は、Fortune 500 に選ばれた 110 億ドルの企業です。同社の印刷技術とデジタル文書技術は 160 以上の国で販売されています。 同社は、アナログとデジタルの境界に位置し、業界最先端の自動ワークフロー、分析、パーソナライゼーション、画像処理のソリューションを提供しています。 コミュニケーション、作業、情報共有の方法が劇的に変化している現在、Xerox は、効率、効果、安全性を高めたインテリジェンスなソリューションを提供しています。

「セキュリティは常に変化しています。安全なソリューションを提供するのはベンダー側の責任です。 ... セキュリティは私たちのベースラインの一つであり、このベースラインは今後も引き上げていきます。」

- Alissa Johnson 博士、Xerox Corporation 最高情報セキュリティ責任者

イノベーションは Xerox の DNA に組み込まれています。 年間 10 億ドル以上を R&D に投資している Xerox は、世界で最も多くの特許を取得している企業の上位 20 社に入っています。 最近のイノベーションとしては、セキュリティに対する顧客の懸念から生まれた ConnectKey® 技術があります。 「顧客のビジネスを推進することが私たちの最終的な目標です」と、Xerox の最高情報セキュリティ責任者である Alissa Johnson 博士は述べています。 「技術を進化させるときに、私たちのデバイスにある顧客のデータを保護するために何が必要かを考えなければなりません。 ハッカーは IoT デバイスを介してネットワークに侵入しようとします。事務機器を保護するだけでは十分ではありません。 私たちの顧客は、会社の他のセキュリティ インフラと統合可能な全体的なソリューションを求めています。」

パートナーとの提携で IoT プリンター間で送受信されるデータを保護: 最新の技術を安心して利用

Xerox は、McAfee との提携で ConnectKey 技術を開発しました。McAfee の組み込み技術を利用し、複合機の AltaLink® 回線だけでなく、このデバイスを使用するビジネスも保護します。 ConnectKey 技術を使用した Xerox ワークプレース アシスタントが、デバイス間で送受信される情報やデバイスに保存された情報を保護します。 この Xerox の技術は、次のように利用されています。

ある病院は、電子カルテ (EMR) システムに移行し、カルテを安全にデジタル化してクラウド上で保管しています。

大手エネルギー企業の経営者は、出張先でクラウド上の文書を安全に印刷し、最終的な変更を行っています。

ある銀行は、カスタム アプリを作成し、請求処理の時間を 75% 削減しました。

「セキュリティは常に変化しています。安全なソリューションを提供するのはベンダー側の責任です」と Johnson 博士は述べています。 「McAfee には、私たちの製品に簡単に統合できる軽量のソリューションを期待しています。このパートナーシップは成功すると信じています。 セキュリティは私たちのベースラインの一つであり、このベースラインは今後も引き上げていきます。 McAfee とのパートナーシップはより一層強固なものとなるでしょう。」

McAfee のブログ

様々な規模の企業が McAfee セキュリティ ソリューションを利用して、最も重大なセキュリティ問題を解決しています。他社の事例もご覧ください。

ブログに移動する購読