ハイブリッド インフラ用のセキュリティ

ハイブリット環境に移行するデータセンターが増えています。 この環境は物理インフラと仮想インフラの両方から構成され、クラウド技術への依存度を増しています。これにより、コストの削減と効率的な運用が実現されています。

しかし、このような環境を管理するのは簡単ではありません。 オンプレミス環境と異なり、パブリック クラウド環境での可視化や一貫したセキュリティ統制の実施は容易ではありません。 インフラをクラウドに拡張した場合、両方の環境を保護するハイブリッド クラウド セキュリティが必要になります。

McAfee のハイブリッド クラウド セキュリティの機能

  • 高度な脅威からネットワーク、ストレージ、コンピューティング環境を保護できます。
  • クラウド プロバイダーの変更や新規追加に応じてセキュリティを簡単に拡張できます。
  • 運用コストを抑え、少ない人数で運用できます。
  • 仮想環境とハイブリッド配備に最適なセキュリティを利用できます。
  • 環境の可視化の実現により、保存場所にかからわず、データを保護できます。

保護されたハイブリッド クラウド環境を実現

高度脅威からの修復

McAfee が提供する最先端の脅威検出技術を使用すると、クラウド環境の脅威を識別し、新しい脅威の情報を共有できます。これにより、封じ込めと修復にかかる時間を短縮できます。

一貫性と簡素化

クラウド インスタンス全体にセキュリティを配備します。 物理サーバーに適用しているセキュリティ統制とポリシーを仮想環境、プライベート クラウド、パブリック クラウドに展開できます。

集中管理

パブリック クラウドまたはプライベート クラウドにセキュリティを配備し、管理するために、個別の管理プラットフォームを用意する必要はありません。 McAfee ePolicy Orchestrator は、物理、仮想、クラウド環境の配備をすべて管理します。

ポートフォリオ

より詳しい情報は?

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ