高度な標的型脅威の阻止

巧妙なサイバー犯罪を阻止するには、処理を自動化し、柔軟な対応が可能な対策を講じる必要があります。しかし、情報を共有せず、個別に機能する単体製品を組み合わせても、このような対策を行うことができません。

適切な対策を実施するには、高度な検出対応能力を備え、脅威情報を共有し、真の統合と自動化を実現する新しいアプローチが必要です。

McAfee では、適応型の継続保護を可能にするインテリジェントな統合セキュリティ プラットフォームを提供し、潜在的な脅威から企業を保護しています。また、複雑なセキュリティ問題を解決し、攻撃を阻止しています。

進化する脅威には統合脅威対策で対抗

検出と訂正

新たに発生する高度な脅威からエンドポイントを保護します。 エンドポイント検出対応技術により、検出までの時間を短縮し、修復を迅速に実行できます。

可視性の強化

インフラ全体のエンドポイントのアクティビティを可視化します。従来のエンドポイント セキュリティでは検知できなかった高度な脅威を迅速に識別できます。 知的財産とデータの保護を強化します。

IT コストの削減

重複する技術や孤立した技術を排除し、相互に連携する技術を採用することで、自動化と脅威情報の共有が可能になります。これにより、保護対策を強化し、運用コストを削減できます。

ポートフォリオ

より詳しい情報は?

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ