Microsoft Teams: セキュリティ脅威トップ10

McAfee は最近急速に利用が増加しているアプリのひとつである Microsoft Teams を調査しました。 アプリケーション自体の責任は Microsoft が持ちますが、アプリケーション内のデータ (ユーザーの活動、社内ユーザーと外部のゲストユーザーとのコラボレーション方法等) は利用者である企業側が責任を持ちます。 こういったコラボレーションはデータ損失やマルウェア感染などといった脅威を拡大する可能性があります。
本ペーパーでは、Teams のチームの利用から引き起こされる主な脅威と、それに対処するための推奨アクションについてご説明しています。

今すぐダウンロード
ホワイト ペーパー
 

ホワイトペーパーをダウンロードする