MVISION CNAPP

企業のクラウド ネイティブ アプリケーション エコシステムを保護する、自動化されたスムーズな包括的アーキテクチャ。

デモをリクエスト ソリューション概要

MVISION Cloud Native Application Protection Platform (CNAPP) とは

あらゆる企業でデジタル トランスフォーメーションが推進されています。 パブリック クラウドではアジャイルかつ迅速にイノベーションが推進できるため、多くの企業でパブリック クラウドのみ、またはプライベート データセンターとの組み合わせで活用されています。 これにはシンプルなアーキテクチャが欠かせません。ポイント製品の寄せ集めでは複雑になり、ツールや開発の費用が増大しますが、クラウド ネイティブのエコシステムを活用すればこれらを回避できます。

Cloud Native Application Protection Platform:
5 つのコンポーネント

MVISION CNAPPは、アプリケーションとデータのコンテキストを使って、パブリック クラウド インフラストラクチャ向けクラウド セキュリティ ポスチャ マネジメント (CSPM) とクラウド ワークロード保護 (CWPP) を統合し、ホストとワークロード (VM、コンテナ、サーバーレス機能を含む) を保護します。 MVISION CNAPP には主に5つの機能があります。

主要な5つの機能

特定

エンドポイント、ネットワーク、クラウド上のワークロード、データ、インフラストラクチャをすべて検出し、リスクに基づいて優先順位付けします。

構築 & デプロイ

構成ドリフトを防ぎ、仮想マシン、コンテナ、サーバーレス環境の脆弱性を評価します。 スムーズな自動化で開発者の生産性を向上させます。

ランタイム

ゼロトラストでポリシーを構築し、振る舞い観察で誤検知を減らし、また適切な行動を推奨します。

運用

クラウド ネイティブの脅威を MITRE ATT&CK フレームワークにマッピングして応急処置ができるようにすることで、セキュリティ オペレーション センター (SOC) を強化します。

データ保護

コンプライアンスとガバナンス維持のためにセキュリティ統制を自動化し、ビジネスの継続性を確保します。

MVISION Cloud-Native Application Protection Platform

CWPP

許可リスト、OS 強化、および FIM を用いた Application Control。 VM およびコンテナ向けの、危険度を基にした脆弱性スキャンと保護を提供します。

CSPM

包括的な検出とリスクベースの優先順位付けを行います。 左シフトして設定ミスを検出して修正し、CI/CD パイプラインの早い段階でドリフトします。

アプリ & データ

コンプライアンス維持と継続的監査のためのセキュリティ制御を自動化します。  機密データの特定と制御を自動化します。 UEBA を可能にします。

MVISION CNAPP 開発者エコシステム

AWS
Azure
Google Cloud Platform
Docker
Kubernetes
HashiCorp
Helm
Jenkins
GitHub
BitBucket
VMware
OpenShift

事業保護のネクスト ステップ