Unified Cloud Edgeとは?

MVISION Unified Cloud Edgeは、データ保護をデバイスからクラウドまで適用させ、企業ネットワークでは確認できないクラウド固有の脅威を阻止します。これにより、クラウドサービスを導入するための安全な環境が構築され、あらゆるデバイスからクラウドアクセスが可能になり、従業員の生産性を最大限に高めることができます。

ソリューションブリーフを読む

Secure Access Service Edge (SASE)

MVISION Unified Cloud Edgeは、SASEアーキテクチャの適用をシンプルにします。

注目製品

McAfee CASB

CASBは、SaaS、PaaSおよびIaaS環境全体のデータと脅威に対する可視性と制御を提供します。

詳細を見る

McAfee Web Gateway

Webベースの脅威に対する高度な保護と、ユビキタスなクラウドネイティブサービスとして提供されるロングテールのクラウドアプリケーションの制御を行います。

詳細を見る

McAfee Data Loss Prevention

デバイス、クラウド、およびクラウド内の機密データを保護することにより、知的財産を保護し、コンプライアンスを確保します。

詳細を見る

クラウドリスク評価

詳細を見る

詳細情報

お問い合わせ