McAfee Labs 2020 年の脅威予測

2020 年度版の主要トレンド:

  • スキルの低い攻撃者でも、ディープフェイク コンテンツを作成して武器化できるようになります。
  • 攻撃者は人工知能を活用して、本当にありそうな文章や画像、また顔認証さえもパスできるような動画を作成するようになります。
  • 2段階の脅迫を行うランサムウェア攻撃が増加します。
  • コンテナ化されたワークロードの増加に伴ってセキュリティ コントロールが "「左にシフト」し、DevSecOps が主流化します。
  • クラウドネイティブの脅威が増えるにつれ、アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) の脆弱性が狙われるようになります。
レポートを読む

McAfee Labs 2020 年の脅威予測

アジアの食品、コンシューマー、工業系企業へのアクセスを販売するアンダーグラウンド広告の例

過去の脅威予測

2019 年の脅威予測

2019 年の脅威予測では、複合的な攻撃、脅迫、データ流出などをレポートしています。

レポートを読む

2018 年の脅威予測

機械学習を利用した軍拡競争の激化や、ランサムウェアが狙う新しいターゲットなどについてレポートしています。

レポートを読む

2017 年の脅威予測

2017 年の脅威予測では、クラウドの脅威、モノのインターネット (IoT) の脅威規制、ベンダーの対応についてレポートしています。

レポートを読む