ここから本文です

マカフィーセキュリティニュース

スマートフォンやタブレット、もっと快適に使おう! ~基礎編~

もっと快適に使えるようになる!?

いよいよ、冬の新商品も登場してくる時期。新たにスマートフォンやタブレットといったモバイル端末の購入を検討している人も多いのではないでしょうか。人気の最新機種にするか、こだわりの機能・デザインで決めるのか……。そんなモバイル端末選びは楽しいものです。一方で、モバイル端末はちょっとした使い方の違いで、セキュリティ面のリスクはもちろん、性能をじゅうぶんに発揮してくれるかどうかも変わってきます。モバイル端末をもっとスマートに使うコツを、改めておさらいしてみましょう。

1スマートフォン、タブレットを手に入れたら?

ますます高性能化が進んでいる、スマートフォンやタブレット。機種によってはパソコンと遜色ない性能を持っています。携帯性が良いだけに、ちょっとした調べ物からSNSでの交流、銀行決済まで日常のさまざまなシーンに活用の場が広がっています。
それだけにまず気をつけたいのは、紛失してしまうこと。個人的に大事に思っている写真や動画、メールなどを盗み見られると想像したら、誰もが不安になるでしょう。そしてオンラインショッピングのクレジットカード番号やインターネットバンキングの暗証番号が流出してしまったら、金銭的な被害にも直結します。端末を購入したらすぐにパスワードでロックをかけ、くれぐれも放置しないようにしましょう。
そして、セキュリティアプリを活用することも検討してください。万が一、モバイル端末の紛失・盗難という状況になってしまった際には、位置情報を追跡したり、遠隔でデータを削除することができたり、端末内のファイルをロックできたりとさまざまな機能があります。
情報の自衛手段としては、見られたくない情報が他人の目に触れないように意識することも重要です。満員電車など人の多い場所でむやみにファイルを開くと、望まざる相手に見られてしまうかもしれません。市販されている、のぞき見防止用の保護フィルムを活用するのも良いでしょう。

2もっと活用するには?

新しいモバイル端末を手に入れたら、さっそく最新アプリを楽しみたいという人も多いのでは。アプリを購入・ダウンロードする際には一度冷静になって、自分に問いかけてみてください。「このアプリストアは信頼できるかな?」。非公式なアプリストアの中には、マルウェアなど悪意のある仕組みが組み込まれたアプリを配布しているケースがあり、大きな問題になっています。そんなリスクを避けるために、アプリは最低限、Google playやApp Store、各キャリアの公式ストアから入手する必要があるのです。インストール時には、表示される「アクセス許可」の欄に注意を。天気予報のアプリなのに電話帳へのアクセスを要求するなど、不審な点があったら中止することをおすすめします。
また、街なかを移動中に、見知らぬWi-Fiスポットに自動的に接続してしまう経験はないでしょうか。それらのアクセスポイントのなかには、盗聴対策が不十分なものや、悪意を持って情報を盗み取ろうというものもあります。極力利用しないようにするのがおすすめです。
「電池がすぐに減ってしまう」「処理が重くなる」というのもモバイル端末デバイスでよく聞かれる悩みです。そんなときには、立ち上げっぱなしだった不要なアプリを無効化しておくことで改善できるかもしれません。
そしてマカフィーのAndroid用アプリ「マカフィー モバイル セキュリティ」の使用もおすすめです。バッテリーの消費を不要な処理を止めることでメモリを解放し処理速度を向上、また電源の消耗を抑えるといった機能があり、より快適にモバイル端末を活用できるでしょう。またこのアプリは、マルウェア対策や紛失/盗難対策の機能も付いているのでスマホの最適化ができる総合セキュリティアプリとして、おすすめします。
“スマホ依存症”にならないよう、生活のリズムを守りながら、モバイルライフを楽しんでください。

おすすめ製品

  • Windows
  • Mac
  • Android
  • iOS

マカフィー リブセーフ

安心してデジタルライフを送りたい方に

  • Android

マカフィー モバイルセキュリティ Android版

ウイルス対策から紛失対策まで、スマートフォンを守る


PAGE TOP