マカフィーの行動規定および倫理規定

徹底した誠実性とプロ意識は、マカフィーの事業の基盤となっています。私たちが行うすべての行動において、マカフィーは本質的な価値と原則を支持し、維持します。これらの価値と原則は優れたコーポレート シチズンシップの基盤であり、マカフィーがお客様、株主、社員、サプライヤー、地域社会と良好な関係を築く礎となります。当社は、倫理的な商慣行を遵守し、正確な会計報告を適切かつ継続的に行うことで、自社の価値を高め、企業統制のあらゆる側面で業界をリードする立場を維持しています。

さらなる事業の発展のためには、社員各自がこれらの価値と原則を十分に理解し、倫理規範と行動規範に従った行動を継続していくことが重要です。些細な違反がマカフィーの信用を大きく傷つけ、信頼を失い、事業の継続に支障をきたす可能性があることを忘れてはなりません。成功には倫理観の徹底が不可欠です。

この行動規範では、製品の開発と提供において私たちがどのように協力し、マカフィーとその関連会社の価値を守り、お客様やサプライヤー等との関係を築いていくかについて基準を定めています。

この行動規範は次の 5 つの原則から成り立っています。

  • 正直かつ誠実な姿勢で業務を遂行する
  • 法の条文と精神に従う
  • 互いに公平な態度で接する
  • 従業員はマカフィーの最善の利益となるように行動し、利益相反を回避する
  • 会社の資産および評判を守る

マカフィーの倫理コンプライアンス事務局では、この 5 つの原則を推進し、従業員が倫理的な意思決定ができるように支援しています。この事務局は常時開設されています。従業員、お客様、代理店、販売店、サプライヤーの方々は、問い合わせや問題の報告をいつでも行うことができます。

倫理ヘルプライン
+1 (866) 294-9594 (米国およびカナダのみ)。これ以外の国の場合には、倫理ヘルプラインをご覧ください。
メール: ethics@mcafee.com

価値

マカフィーの事業価値:

  • 専門的技術: 私たちはデジタル セキュリティに精通し、自身の専門性を常に向上させています。
  • パートナーシップ: 私たちはマカフィーの事業部門間で協力して事業を推進しています。また、チャネル パートナーや顧客と強固な協力関係を築き、ソリューションを開発しています。
  • 誠実性: 犯罪者や攻撃者からデータを保護するのが私たちの使命です。私たちは倫理観と責任に対して厳しい基準を設定し、業務を行っています。
  • 結果: 明確な目標を持ち、成果を残してきました。決して気を抜かず、常に高い目標を目指して努力を続けています。
  • 積極性: 常に準備を怠らず日々の業務を行っています。難しい課題にも怯むことなく、積極的に取り組んでいます。

腐敗防止方針

腐敗防止方針に基づき、マカフィーの従業員およびマカフィー サービスの実施者には、腐敗防止に関する以下の法規制を遵守することが求められます。

  • 連邦海外腐敗行為防止法 (FCPA)。この法律では、直接的か間接的かを問わず、事業の開拓または維持、輸出における便宜の獲得を目的として外国の政府関係者またはその家族に賄賂を贈ることを禁じています。
  • 英国贈収賄法。この法律では、贈賄、収賄、外国公務員に対する贈賄、営利組織の贈賄防止措置の懈怠の罰則が規定されています。
  • 経済協力開発機構 (OECD) 外国公務員贈賄防止条約。

腐敗防止に関する研修
マカフィーでは、販売取引または会計業務に従事する従業員および指定業者に、マカフィーの腐敗防止研修をオンラインで定期的に受講することを義務付けています。

この方針に対する違反は懲戒の対象となります。解雇または取引停止となる場合もあります。腐敗防止方針は、マカフィーの法務部門が管轄しています。違反行為を確認した場合には、倫理ヘルプラインに報告してください。

追加リソース