Intel Security

バリー・マクファーソン

Barry McPherson

バイスプレジデント、Intel Security グループ
サポート、サプライチェーン、ファシリティ担当

バリー・マクファーソンは、Intel Corporation の Intel Security グループのバイスプレジデントで、サポート、サプライチェーン、ファシリティを担当し、 Intel Security ソリューションの顧客向けテクニカル サポート、サプライチェーン、ファシリティ機能を統括しています。 マクファーソンは、顧客と Intel の業界パートナーに対するテクニカル サポート、ハードウェアの提供、フィールド サービスを改善し、顧客存続率とロイヤリティの向上に務めています。

マクファーソンのチームは卓越した業績を残し、2014 年に Intel Quality Award を受賞しています。

マクファーソンは 2011 年に McAfee Inc. (現在の Intel Security グループ) の買収に伴い Intel に参加しました。 McAfee には 2005 年に参加しています。 McAfee では、同社のサポート チームとサプライチェーン チームが構築した McAfee ServicePortal が SSPA (Service and Support Professionals Association) の Best Knowledge Management Award や Consumer Support Excellence Award などを受賞し、Association of Support Professionals の認定を受けています。 McAfee に参加する前は、Juniper Networks に 6 年間在籍し、グローバル オペレーション、事業開発、チャネル販売、地域販売を管轄しました。 Juniper Networks の前は、Bay Networks、Siemens、GTE、GE Capital でセールス、サポート、オペレーションで管理職を務めています。

2008 年には母校のミドルベリー大学で特別講師を務めています。 サポート業務のエキスパートとして、業界のカンファレンスでサポート ポートフォリオ、サポート収益の向上、サプライチェーン、顧客管理、ロイヤルティなどに関する講演を行っています。 また、SSPA と Jive Software で技術顧問を務め、テキサス州ダラスのビジネス評議会のメンバーにもなっています。