クリストファー・ヤング

クリストファー・ヤング

最高経営責任者

クリストファー・ヤングは、McAfee の最高経営責任者です。ハードウェアとソフトウェア プラットフォームのセキュリティ ビジネスを統括し、30 億ドルの収益を上げています。Intel Security グループでは、シニア バイス プレジデントとゼネラル マネージャーを務めていました。

McAfee の前は、Cisco の Security Business Group でシニア バイス プレジデントを務め、同社のグローバル セキュリティ ビジネスの戦略、エンジニアリング、製品開発を担当していました。

それ以前は、VMware でシニア バイス プレジデントとゼネラル マネージャーを務め、デスクトップ仮想化、コンシューマー/エンドユーザー向け製品のエンジニアリング、製品開発、マーケティングを担当しています。また、EMC のセキュリティ部門である RSA で製品担当のシニア バイス プレジデントを務めました。

著名なセキュリティ専門家として、RSA Conference、InfoSec、Gartner IT Security Summit などの業界イベントに参加し、講演を行っています。Snap, Inc. の役員を務め、Savoy 誌の「100 Most Influential Blacks in Corporate America」に選ばれています。また、Black Engineer of the Year の Achievement Award を受賞しています。

プリンストン大学を優秀な成績で卒業し、ハーバード ビジネススクールで MBA を取得しています。