スティーブ・グロブマン

スティーブ・グロブマン

シニア バイス プレジデント兼最高技術責任者

スティーブ・グロブマンは、マカフィーのシニア バイス プレジデント兼最高技術責任者 (CTO) です。グロブマンは、小型のコンピューティング機器や世界中のインフラを保護するテクノロジの開発で技術的な戦略と方向性を決めています。マカフィーの技術革新を推進するだけでなく、法人・個人向けの強力なサイバーセキュリティ ソリューションを開発する数千人の技術スタッフを統括しています。グロブマンは、業界やメディアでサイバーセキュリティのアドバイザーとして、変化の激しい脅威状況を解説しています。

マカフィーに参加する前は、インテルで 20 年近く、サイバーセキュリティ関連の技術責任者を務めました。インテルの資産保護だけでなく、IT セキュリティ アーキテクトとしても実績を残しています。ハードウェアとソフトウェアに組み込む新しいセキュリティ アーキテクチャの開発では、インテルの vPro プラットフォームのチーフ アーキテクトとして参加しています。2012 年の買収後も、この部門の CTO として研究部門をリードし、2014 年にワールドワイド CTO に任命されました。

グロブマンは数多くの技術解説書や論文を発表し、セキュリティ、ソフトウェア、コンピューター アーキテクチャの分野で米国の特許と国際特許を 24 件取得し、20 件の特許を出願中です。

グロブマンは、ノースカロライナ州立大学でコンピューター サイエンスの学士号を取得しています。