Intel Security

インテル セキュリティ、 国内最大級の情報セキュリティ カンファレンス「FOCUS JAPAN 2015」の登録受付を本日より開始

~ 特別講演に米国土安全保障省のサイバーセキュリティ担当次官補 アンディ・オスメント氏、
基調講演にインテル セキュリティのクリストファー・ヤングの登壇が決定 ~

2015年9月1日

インテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジャン・クロード・ブロイド)は本日、国内外での最新のセキュリティの脅威動向や最先端のセキュリティ ソリューションが一堂に会する国内最大級の情報セキュリティ カンファレンス「FOCUS JAPAN 2015」のイベント登録受付を開始いたしました。

FOCUS JAPANは、米国で毎年秋に開催するセキュリティカンファレンス「FOCUS」の日本国内版であり、日本での開催は5回目を迎えます。今年は、「New. Next. ~未知の脅威に先手を打つ 新しいセキュリティのカタチ~」をテーマに、IoT時代の情報セキュリティの課題解決に向けた取り組みを支援する幅広い製品ポートフォリオや次世代のセキュリティ フレームワーク「Security Connected」を構成する最新ソリューションを紹介します。また、個別セッションを通じて、現在そして将来にわたって必要とされるセキュリティ対策について解説します。

特別講演では、米国土安全保障省(DHS)の国家保護・プログラム局(National Protection and Programs Directorate(NPPD))内のサイバーセキュリティ・通信室(Cybersecurity and Communication(CS&C))の次官補 アンディ・オスメント博士が登壇し、米国のサイバーセキュリティの最新動向について講演します。アンディ・オスメント博士は国家のサイバーおよび通信インフラのセキュリティ、レジリエンス、信頼性の強化について統括しており、DHS入省前は、ホワイトハウスで大統領のサイバーセキュリティ担当上級部長として、国家政策の立案や連邦政府のサイバーセキュリティ関連プロジェクトを指揮してきました。また、基調講演には、インテル セキュリティを統括するシニアバイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャー クリストファー・ヤングが来日し、最新のインテル セキュリティの取り組みなどについて紹介します。

アンディ・オスメント 氏 クリストファー・ヤング
米国土安全保障省
国家保護・プログラム局
サイバーセキュリティ・通信室
次官補
アンディ・オスメント 氏
インテル コーポレーション
Intel Security グループ担当
シニアバイスプレジデント 兼
ゼネラルマネージャー
クリストファー・ヤング

「FOCUS JAPAN 2015」開催概要(予定)

・ 主  催 : マカフィー株式会社
・ イベント名 : FOCUS JAPAN 2015 (フォーカス ジャパン 2015)
・ 会  期 : 2015年11月13日(金) 10:00~19:00 (9:30開場)
・ 会  場 : ザ・プリンスパークタワー東京 (東京都港区芝公園4-8-1)
・ 参 加 費 : 無料 ※事前登録制
・ 対  象 : 企業、官公庁の情報システム部門・セキュリティ管理者、セキュリティ製品の販売店・システム インテグレータの担当者
・ イベントURL : http://focusjapan.jp/cp8/
※基調講演や個別セッションなどのプログラム詳細ならびにイベントへの参加申し込み方法は、上記イベント特設サイトにて順次更新予定です。
・ 概要 : 企業・組織を取り巻く標的型攻撃や情報漏えいなどのセキュリティの脅威は、高度化・巧妙化を続けながら、これからも存在し続けます。そのような予測の難しい未知の脅威からビジネスを守り、ITがもたらす価値と恩恵を享受するために、私たちには変化へ柔軟に対応しながらリスクを最小化させていくことのできる新たなセキュリティ対策のアプローチが求められています。セキュリティの専門家としてインテル セキュリティは、企業・組織の皆様の抱える課題の解決に取り組み、未知の脅威に先手を打つセキュリティの実現に注力してきました。
「FOCUS JAPAN 2015」では喫緊の課題である標的型攻撃対策や情報漏えい対策、マイナンバーの保護、そして、IoT時代の情報セキュリティ課題の解決に向け、インテル セキュリティが提唱するセキュリティフレームワーク「Security Connected」を構成する「人・プロセス・テクノロジー」に基づいたセキュリティソリューションや実践的なプログラムを通じ、現在、そして将来にわたって企業・組織から必要とされる“新たなセキュリティのカタチ”をご紹介します。
■インテル セキュリティについて

インテル セキュリティは、インテル コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州)のセキュリティ事業部として、同社のセキュリティに関する取り組みを推進しています。企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評あるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。そして、Security Connected戦略、セキュリティにハードウェアを活用した革新的なアプローチ、また独自のGlobal Threat Intelligenceにより、常に全力でお客様の安全を守ります。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

インテル セキュリティでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/jp/threat-center/report/index.aspx

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。Intel、インテルは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。 (C) 2015 McAfee, Inc. All Rights Reserved.