新生マカフィーが安全な未来の実現を支援

2017年4月4日

ニュースハイライト

米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は、本日より、新たに独立企業として事業を開始したと発表しました。マカフィーは独立企業としては世界最大規模のサイバーセキュリティ専業会社になります。「Together is Power」の理念のもと、新生マカフィーは業界をリードするセキュリティ ソリューション プラットフォームをさらに発展させ、顧客がより効果的にサイバー空間の脅威を特定し、対応できるよう支援します。

新生マカフィーの発表は、以前に発表されたTPG社とインテル コーポレーション(INTC)による投資手続きの完了を受けたもので、これにより優れた財務、経営、技術などの資産を有する、独立したサイバーセキュリティ専業会社が誕生します。さらに、業界をリードする投資会社であるThoma Bravo社が、TPG社との合意に基づいて新たに少数株主としてマカフィーに参画することも発表しました。なお、昨年発表された通り、インテルは引き続き新生マカフィーの49%の株式を保有します。

マカフィーは、新たな投資パートナー各社の支援を通じて、注力分野に対する取り組みのさらなる強化、プラットフォームの構築、財務/経営/技術での新たな投資を通じて、サイバーセキュリティ市場における世界規模でのさらなる成長機会を追求します。インテル セキュリティで上級副社長 兼 ゼネラル マネージャーを務めていたクリス・ヤング(Christopher Young)が、最高経営責任者(CEO)として新生マカフィーを指揮します。また、TPG社のパートナーであるブライアン・テイラー(Bryan Taylor)氏が、マカフィーの取締役会長に就任しています。

マカフィーのCEOであるクリス・ヤング(Christopher Young)は次のように述べています。
「現代のあらゆるものがインターネットに接続された時代において、サイバーセキュリティは最大の課題であり、家族、企業幹部、そして世界の指導者にとって大きな負荷となっています。明確な目的を持った独立企業となるマカフィーは、世界共通の脅威に対して人材、技術、組織を統合するための俊敏性を獲得するとともに、テクノロジーが導く未来の安全を実現するために取り組みます」

新生マカフィー

マカフィーは、技術革新、信頼、連携を中心とした新たな戦略ビジョンも明らかにしました。

技術革新

マカフィーは、業界で最も優れた7,500人を超えるサイバーセキュリティ専門家を擁すると同時に、1,200以上のセキュリティ技術関連の特許を持ち、そして提供する製品は業界で常に高い評価を獲得しています。またマカフィーは、世界をリードするサイバー脅威インテリジェンス研究機関であるMcAfee Labsを運営しています。マカフィーの人材、技術、知見により、主要な脅威を網羅する数百万のセンサーから収集した実際のデータをマカフィーのソリューション上で相互連携できるようになるだけでなく、それらの資産は次世代マカフィー製品の技術革新の基盤にもなります。

信頼

インターネット上に最初のワームが登場した1988年から、Miraiによる大規模なDDoS攻撃が発生した2016年に至るまで、サイバーセキュリティ業界は、数量だけでなく種類も劇的に増加していく脅威を目の当たりにしてきました。これまでの30年間、マカフィーはこれらの脅威に対応する実践的なソリューションを提供することで、個人、企業、そして政府などの顧客からの信頼を獲得してきました。数々の賞を受賞してきたマカフィーの製品とソリューションは現在、世界の大手銀行やFortune 100企業の87%を含む37億以上のエンドポイントに加え、2億5千万の消費者のエンドポイントを保護しています。

連携

マカフィーは、共に協力することにより生み出される力を信じています。人、技術、組織が連携して初めて、より安全な世界が実現します。業界を代表するテクノロジー パートナー プログラムであるMcAfee Security Innovation Alliance(SIA)には、世界中から135社以上がパートナーとして参加しています。そして、過去1年間で30社以上のパートナーが、業界標準となる通信ファブリックであり、アプリケーション間のリアルタイムな情報共有を可能にするMcAfee Data Exchange Layer(DXL)との統合を実施、または実施予定です。

インテル コーポレーションの最高経営責任者(CEO)であるブライアン・クルザニッチ(Brian Krzanich)氏は次のように述べています。
「インテルは、業界最大規模のサイバーセキュリティ専業会社を設立するにあたり、新CEOであるクリス・ヤング、そしてマカフィーを全面的に支援します。インテルにとってセキュリティは引き続き重要な分野であり、またマカフィーとの資本関係や継続的な協業を通じて、クラウドから数十億台に上るスマートでインターネットに接続されたコンピューティング機器に至るまで、インテル製品に業界をリードするセキュリティとプライバシー保護の機能を統合するための取り組みを継続していきます」

TPG社のパートナー 兼 マカフィーの取締役会長であるブライアン・テイラー(Bryan Taylor)氏は次のように述べています。
「マカフィーはその設立以来、業界をリードするサイバーセキュリティ ソリューションを顧客に提供することに注力しています。技術革新、経験豊富なパートナー エコシステム、そして優れた顧客サービスへの継続的な取り組みによる高い信頼性は、これからも独立企業としてさらに発展することでしょう。今日の変化し続ける環境で顧客を保護するサイバーセキュリティ プラットフォームを引き続き開発するために、マカフィーや当社のパートナーと協力できることを楽しみにしています」

Thoma Bravo社のマネージング パートナーであるセス・ボロ(Seth Boro)氏は次のように述べています。
「マカフィーは30年の歴史に加え、その技術革新、信頼、コラボレーションを世界中で認められたブランドを有するグローバルな組織です。Thoma Bravoはここ数年、セキュリティ関連のソフトウェア業界に注目しており、マカフィーの継続的な進化と技術革新に大きな期待を寄せています。Thoma Bravoが有するサイバーセキュリティ分野の深い知見や、さまざまな企業の成功を支援してきた歴史は、マカフィーの資産となるでしょう。そして、マカフィーの経営陣やTPG社の仲間、そしてインテルとともに、マカフィーの成長に向けた新たな一歩を支援できることを楽しみにしています」

Goldman Sachs, & Co.、Morgan Stanley & Co. LLC、RBC Capital Markets、UBS Investment BankはTPG社並びにThoma Bravo社の財務アドバイザーを務め、またAllen & Company LLCはインテルの財務アドバイザーを務めます。Ropes & GrayはTPG社の法務アドバイザーを、Skadden, Arps, Slate, Meagher & Flom LLPはインテルの法務アドバイザーを、そしてKirkland & EllisはThoma Bravoの法務アドバイザーをそれぞれ務めます。

マカフィーについて

マカフィーは世界最大級の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人 の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な 世界を目指し、企業そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。詳細はhttps://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

インテルについて

インテルは、テクノロジーの可能性を広げ、この上ない感動体験を提供します。インテル、そしてインテル10万人以上の社員による創造の成果については、newsroom.intel.comまたはintel.comでご覧ください。

TPGについて

TPGは1992年に設立された大手グローバル・プライベート投資会社です。運用資産は740億ドル以上で、オースティン、北京、ボストン、ダラス、フォートワース、香港、ヒューストン、イスタンブール、ロンドン、ルクセンブルグ、メルボルン、モスクワ、ムンバイ、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンパウロ、シンガポールにオフィスを構えています。TPGの投資プラットフォームは、プライベート・エクイティ、グロース・ベンチャー、不動産、信用および上場株式など、多岐にわたっています。TPGの目的は、投資家のためにダイナミックな商品とオプションを構築するとともに、投資戦略およびポートフォリオの成績に基づく優れた運営を行うことです。詳細についてはwww.tpg.comをご覧ください。

Thoma Bravoについて

Thoma Bravoはソフトウエア・ハイテク・サービス・セクターに特化した大手プライベート・エクイティ企業です。170億米ドル超を資本コミットメントする一連のファンドによって、Thoma Bravoは経営チームと提携し、売上高と利益の増大のために事業のベストプラクティスを実現し、成長計画に投資するとともに、成長企業の買収を進め、企業価値の向上を目指しています。これまでに投資した企業の代表としてはBlue Coat Systems、Deltek, Digital Insight、Global Healthcare Exchange、 Hyland Software、PowerPlan、Riverbed、SolarWinds、SonicWall、Sparta Systems、TravelClickが含まれ、サンフランシスコとシカゴにオフィスがあります。詳しい情報はwww.thomabravo.com を参照ください

McAfeeとMcAfeeのロゴは、米国およびその他の国におけるMcAfee LLCの商標です。
* その他の製品名やブランドは、該当各社の商標です。