すべてのプレス リリースを表示

コンテンツの絞り込み:

マカフィー、2017年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」を発表 今年の1位はミュージシャンのアヴリル・ラヴィーン

2017年9月22日米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は本日、2017年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(McAfee Most Dangerous Celebrities™)」の結果を発表しました。今年は、昨年1位でコメディアン 兼 女優のエイミー・シューマーに代わり、女性ミュージシャンのアヴリル・ラヴィーンが、2017年のインターネット検索で最もリスクの高い有名人の第1位になりました。マカフィーは11年にわたって毎年この調査を実施しており、インターネット検索で最もリスクの高い有名人を発表しています。これまでの調査では、「最もリスクの高い有名人」のトップ10ランキングには、ミュージシャン、俳優、テレビ司会者などがランクインしていましたが、今年の調査では、ミュージシャンが「最も危険な」上位10位までを独占しました。この調査から、インターネット検索で不正なWebサイトに誘導され、ユーザーが危険にさらされるリスクが最も高い有名人が明らかになっています。

「マルウェア検知・拡散防止サービス」を販売開始 ~ マカフィーのEDRソリューションと富士通SSLの脅威情報を活用し、セキュリティスペシャリストが強固なエンドポイント対策を実現 ~

2017年9月21日株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:林恒雄、以下:富士通SSL)は、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野修、以下:マカフィー)とマカフィーのEDRソリューション(注1)に関するサービスプロバイダー契約を締結し、マカフィーの本ソリューションを活用した世界初のエンドポイント対策サービス「マルウェア検知・拡散防止サービス」を2017年9月21日に販売開始します。

マカフィー、国内最大級の情報セキュリティ カンファレンス 「2017 MPOWER:Tokyo」を開催

2017年9月4日マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)は本日、国内外の最新の脅威動向や最先端のセキュリティ ソリューションが一堂に会する国内最大級の情報セキュリティ カンファレンス 「MPOWER Cybersecurity Summit 2017 MPOWER:Tokyo」(以下、2017 MPOWER:Tokyo )として2017年11月9日(木)に開催、本日より参加登録の受付を開始したことを発表しました。

2017年8月27日

マカフィー、Amazon Web Services向けの高度なセキュリティを発表

2017年8月23日マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)は、パブリック クラウド上での高度なセキュリティ機能を試用可能なAmazon Web Services(AWS)向けMcAfee® Virtual Network Security Platform(McAfee® vNSP)の期限付き無償トライアル プログラムを発表しました。

マカフィー、サンドボックスなど企業向けセキュリティ製品の最新版発表

2017年8月23日マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)は、機械学習と自動化の機能のさらなる拡張、人材不足の解消への貢献、そして人とテクノロジーのコラボレーションをこれまで以上に強化する革新的な新テクノロジーと製品の最新版を発表しました。

マカフィー、SOCと脅威ハンターの現状に関するレポートを発表

2017年8月17日米国マカフィーは本日、サイバー脅威ハンティングの役割とセキュリティ オペレーション センター(SOC)の進化について調査した新しいレポート「Disrupting the Disruptors, Art or Science?(脅威に対抗するのは、技術か科学か?)」(英語)を発表しました。本レポートでは全4段階の進化レベル(低い方から“未成熟”、“構築中”、“革新的”、“先進的”)にあるセキュリティ チームに注目し、先進的なSOCはそれ以外のSOCに比べ、実際の脅威調査に50%も長い時間を費やせていることが明らかになりました。

マカフィー、さらなる脅威インテリジェンスの共有に向けて オープン ソース コミュニティ「OpenDXL.com」を開設

2017年8月3日情報交換のためのフォーラムや無償アプリのためのマーケットプレース、より簡単なAPI連携のためのツールキットの提供などにより開発者を支援。米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は、フォーラムや無償アプリなどを提供し、ユーザーがアプリケーションの連携のためのアイデアやリソースに簡単にアクセスできる新しい独立系ポータルサイト「OpenDXL.com」(英語サイト)を発表しました。

マカフィー調査 休暇中は安全性より利便性を優先

2017年7月20日米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は夏休みを控えた一般消費者のセキュリティ意識の向上を目的に、日本を含む7カ国(オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリス、米国、インド、日本)の消費者を対象とした、休暇中のユーザーの行動や考え方、またデジタルに関する習慣が原因で個人情報が危険にさらされる可能性を詳しく理解するための調査(調査名:“Digital Detox: Unwind, Relax and Unplug (デジタル デトックス: オフラインでリラックスしよう)”)の結果を発表しました。

マカフィー、SIEMの活用を促進するコンテンツパックのラインナップを拡充

2017年7月13日マカフィーが培ったSIEMの活用ノウハウを“インシデント レスポンス”や“ユーザー行動分析”などの用途ごとに簡単に導入・利用できるパッケージとして提供 マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)は、同社のセキュリティ情報/イベント管理(SIEM)ソリューションであるMcAfee Enterprise Security Manager(ESM)の効率的な活用を支援するコンテンツパックのラインナップの拡充を発表します。McAfee ESMを利用するユーザーは、このコンテンツパックを活用することで、マカフィーのプロフェッショナルが培ったSIEMの運用ノウハウを簡単に導入し、活用できるようになるため、さまざまなデバイスやセキュリティ製品から収集されるログ情報をより効果的に運用に生かすことができます。