open

リファレンス アーキテクチャ

概要

現在の 5 つの重要なセキュリティ問題を解決する戦略

ブローシャを読む

マカフィーの Security Connected プラットフォームは、非常に多くの製品、サービス、パートナーに対応した統合フレームワークを提供します。このプラットフォームの革新的なコンセプトと最適化されたプロセスにより、どの組織でもセキュリティを強化し、運用コストを最小限に抑えることができます。

弊社のリファレンス アーキテクチャは具体的な実装方法を提案します。Security Connected の概念は組織のリスク、インフラ、ビジネス要件に合わせて適用できます。ソリューション ガイドでは、セキュリティの課題とベストプラクティスの概要を説明しています。

ホワイトペーパーを読む 詳細を見る

ソリューション ガイド

リスクとセキュリティの管理

顧客データと社内の資産に対するセキュリティ リスクを軽減しましょう。

高度脅威の無効化

セキュリティ製品単独では複雑な攻撃に対応できません。これらのセキュリティ機能を統合して攻撃を未然に防ぎ、復旧コストを抑えましょう。

情報の保護

データベース、ファイル サーバー、スマートフォン、メール サーバー、USB ドライブには重要な情報が存在しています。ユーザーの利便性を損なわずに、これらの情報を保護する必要があります。

データセンターの保護

組織バックボーンを保護し、統合、仮想化、クラウド プラットフォームの要件を満たしましょう。

ソーシャル メディアの保護

機密情報の公開方法を制御してリスクを回避し、ソーシャル メディアを安全に利用しましょう。

強固なサイバー レディネスの実現

サイバーレディネス ソリューションには、資産情報の継続管理、IT と運営資産に対するリスク評価、意思決定支援システムとの統合の 3 つの要件があります。

継続的な診断とリスク回避

継続的な監視を行うことで、ネットワーク ライフスタイルのセキュリティを強化できます。対応型からプロアクティブでデータ中心のアクションに切り替える必要があります。

運用可能な情報に基づく対応

インテリジェンスによる対応、意思決定、検出、分析を効率的に行うには、3 つのフレームワークが必要です。

重要インフラの保護

重要インフラを保護するには、複数のゾーンを保護しなければなりません。たとえば、企業の IT、SCADA、工業制御システム (ICS) などは法規制をに遵守し、システムの継続性を維持する必要があります。