“ライフサイクル”で考えて効率化する脅威対策

防御力とレジリエンスを徹底強化

防御、検知、復旧、適応のバランスがとれた脅威対策を

関連資料、資料公開中!

脅威対策ライフサイクルを実現する主要コンポーネント

マカフィーでは、高度化する脅威を効率的かつ継続的に阻止していくため、脅威対策ライフサイクルの核となるコンポーネントをラインナップしています。各コンポーネントから生成されるセキュリティ情報は、企業ネットワーク全体で即座に共有され、ゲートウェイからエンドポイントまで、ひとつのセキュリティコンポーネントであるかのように機能します。

McAfee SIEM

McAfee SIEM

組織内のセキュリティを可視化して状況把握と検知を効率化します。また、SIEMと他製品の連携でセキュリティ運用の負担を大きく軽減します。

McAfee Active Response

McAfee Active Response

エンドポイントにおける攻撃の影響の詳細を素早く確認できるようになります。さらに継続的な監視により、攻撃の疑いのある兆候が発生した際に、素早く検知と一次対応を行うことができます。

McAfee Threat Intelligence Exchange

McAfee Threat Intelligence Exchange

複数の情報源から収集した脅威情報を統合して共有し、数日~数か月かかるマルウェアの発見から封じ込めまでを、わずか数ミリ秒で行えるよう最適化します。

McAfee Advanced Threat Defense

McAfee Advanced Threat Defense

未知のマルウェアに対する高度な検知力をエンドポイント、及びネットワーク製品と連携することで提供します。レピュテーション、エミュレーションに加えサンドボックスや詳細な静的コード解析を実行するので解析時に得たIoC情報も他システムと共有できます。

McAfee Network Security Platform

McAfee Network Security Platform

次世代IPSとして高い実績を誇るネットワーク型IPSです。ネットワーク上の脅威を遮断するだけでなく、IPSで得た情報をSIEM等と共有することで脅威の可視化にも大きく貢献します。

McAfee Web Gateway

McAfee Web Gateway

HTTPやHTTPSに対して、高度なマルウェア検知と外部への通信検知など一台で出口対策と入口対策を実現します。多くの標的型攻撃が攻撃ステップにおいてWeb通信を利用するため重要な対策です。

ページトップへ戻る

資料のご紹介

脅威対策ライフサイクルについて、より理解を深め、さまざまな事例や活用のヒントを知っていただくために、資料をご用意しました。

詳しくはこちら