Intel Security

Amazon Web Services

Amazon Elastic Cloud を保護するセキュリティ

パートナーシップの概要

Intel Security は、プライベートのデータ センターと同じセキュリティ機能で Amazon Web Services (AWS) とパブリック クラウドを保護します。セキュリティ ギャップを気にすることなく、クラウドのメリットを利用できます。McAfee AWS Connector for McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) により、オンプレミス環境と同じ方法で Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のインスタンスの検出、保護、管理をシームレスに行います。AWS Marketplace では、すぐに使える形式で McAfee VirusScan for Linux が用意されています。

電子メールを保護する Intel Security

Global Technology Solutions

Data Center Connector for AWS

Data Center Connector for AWS は、Amazon EC2 インスタンスを AWS から McAfee ePO サーバーにインポートします。この機能により、McAfee ePO は EC2 インスタンスのスケーリングを認識し、クラウドでの VM の拡張を識別します。AWS Connector を使用すると、すべてのマカフィー エンドポイント ソリューションを EC2 に簡単に配備し、パブリック クラウドとオンプレミスのプライベート データ センターの間で一貫したセキュリティ対策を実施できます。

McAfee Secure Amazon Linux

McAfee Secure Amazon Linux (MSAL) は、セキュリティ機能がプリインストールされている Linux OS です。Amazon Linux は EC2 用に設計された OS で、McAfee VirusScan for Linux は、Linux 用の実績豊富なウイルス対策製品です。これらの技術が 1 つのパッケージとして EC2 ユーザーに提供されるようになりました。

このオペレーティング システムを使用すると、Linux を狙う脅威やマルウェアからシステムを保護できます。Amazon Linux は、AWS が EC2 用に提供し、保守している Linux イメージです。Amazon EC2 で稼働するアプリケーションに高性能で安定した実行環境を提供するように設計されています。McAfee VirusScan for Linux は、リアルタイムのマルウェア対策で Linux インスタンスを常時保護します。独自の Linux ベースのオンアクセス スキャナーがシステムを監視し、潜在的な攻撃を検出します。McAfee Labs からの更新を自動的に取得し、最新の脅威からインスタンスを保護します。この製品は、Amazon Linux パッケージに含まれ、MSAL オペレーティング システムの作成に使用できます。McAfee VirusScan for Linux は、すぐにインストールして実行できます。特別な設定は必要ありません。知識のあるユーザーは、使いやすいインターフェースを利用して設定をカスタマイズできます。

Data Center Connector for AWS

ソリューション ガイドを読む

リソース

ソリューションの概要

Amazon Web Services について

2006 年に設立された Amazon Web Services (AWS) は、Web サービスの形態で主要なインフラ サービスを提供しています。AWS の最大のメリットは、新しいビジネス モデルを利用することで、インフラに対する投資を別の費用に充てることができる点です。AWS を利用することで Amazon の持つノウハウとスケール メリットを利用し、低コストですぐに結果を確認することができます。AWS は、信頼性と拡張性に優れた低コストのインフラ プラットフォームをクラウドで提供しています。世界の 190 か国で数千の大企業、政府機関、スタートアップ企業が利用しています。