VMware

ソフトウェア定義のデータセンターを保護する脅威対策

パートナーシップの概要

VMware と McAfee のアライアンスにより、仮想データ センター、プライベート/ハイブリッド クラウド、エンドユーザー コンピューティング環境に付加価値の高い、最適化されたセキュリティ ソリューションを提供しています。VMware NSX などの VMware セキュリティ技術を McAfee の様々なセキュリティ製品でサポートすることで、VMware ユーザーに総合的で統一されたセキュリティ アプローチを提供しています。

McAfee と VMware は、VMware NSX の拡張性に優れた自動化プラットフォーム、マイクロセグメンテーション、トラフィック ステアリング機能、McAfee Network Security Platform の次世代 IPS サービスを利用してワークロードを動的に保護する統合ソリューションを開発しました。これにより、インフラの管理者とセキュリティ管理者は既存のツールを使用してそれぞれの業務を行うことができます。

仮想環境のデスクトップとサーバー用に最適化された McAfee Management for Optimized Virtual Environments (MOVE) AntiVirus は、従来のエンドポイント セキュリティに見られるオーバーヘッドを排除し、必要な保護対策とパフォーマンスを提供します。McAfee MOVE AntiVirus は VMware クラスターに対応しています。これにより、数百のハイパーバイザー ホストにセキュリティ仮想アプライアンスを自動的に配備できます。また、McAfee MOVE AntiVirus は VMware NSX に統合され、NSX 環境の新しいホストにポリシーを自動的に割り当て、SVA を配備します。これにより、クライアント仮想マシンをすぐに保護できます。新しい McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) ポリシーは、NSX と McAfee ePO コンソールの両方にすぐに表示されます。

電子メールを保護する McAfee

Global Technology Solutions

McAfee MOVE AntiVirus

McAfee MOVE AntiVirus の最新バージョンは VMware NSX に統合されました。NSX を自動的に検出し、NSX 環境の新しいホストにポリシーを自動的に割り当て、SVA を配備するので、仮想マシンをすぐに保護することができます。新しいポリシーは NSX と McAfee ePO の両方にすぐに表示されます。

McAfee MOVE AntiVirus は VMware クラスターに対応しています。これにより、数百のハイパーバイザー ホストにセキュリティ仮想アプライアンスを自動的に配備できるので、手間隙をかけずリソースを効率的に使用できます。McAfee MOVE AntiVirus は、仮想環境用に最適化された機能を提供します。高度なスキャンを実行したときの仮想サーバーへの影響を最小限に抑え、ハイパーバイザー全体の負荷に基づきスキャンを実行します。McAfee のすべてのソリューションは、業界最高の McAfee ePO プラットフォームで管理されます。Data Center Connector for vSphere には、McAfee ePO 経由で仮想インフラの検出とインポートを行うコンポーネントが含まれています。また、仮想マシンの仮想化プロパティと保護状況も確認できます。

McAfee ePO と VMware vCenter

McAfee ePO は、VMware vCenter と連動し、監視とインシデント管理を簡素化します。MOVE AntiVirus と VMware vCenter 管理環境、VMware NSX の統合により、詳細なイベント情報を McAfee ePO のダッシュボードとレポートで確認できます。McAfee ePO は MOVE AntiVirus ポリシーを維持し、McAfee SVA にコンテンツの更新を配信します。

McAfee Controller

McAfee Controller は、VMware NSX 上に構築したソフトウェア定義のインフラ (SDI) でセキュリティのプロビジョニング、ポリシーの同期、保護、修復を自動的かつ動的に行う業界初のセキュリティ コントローラーです。McAfee Controller は、仮想環境の負荷要件を考慮し、Security Connected フレームワークを利用して SDI のパフォーマンスと敏捷性を維持します。McAfee Controller を統合した最初の製品は McAfee Network Security Platform です。

マカフィーと VMware: 仮想化とデータセンター

McAfee Data Center Security Suite for Virtual Desktop Infrastructure は、拡張性に優れ、組織全体の VDI セキュリティを管理します。各仮想マシン (VM) でエンドポイント セキュリティ エージェントを実行する必要はありません。MOVE AntiVirus では、スキャン プロセスとシグネチャの更新を VM 外に統合し、すべての仮想デスクトップを効率的に保護します。McAfee Data Center Security Suite for Virtual Desktop Infrastructure には、McAfee MOVE AV (VMware の vShield API を統合)、McAfee Application Control、McAfee ePO、McAfee VirusScan Enterprise、McAfee VirusScan Enterprise for Linux がバンドルされています。

また、McAfee Server Security Suite EssentialsMcAfee Server Security Suite Advanced は、物理サーバーと仮想サーバーに包括的なセキュリティ対策を提供します。いずれのスイートにも、仮想マシン用に最適化された MOVE AntiVirus が含まれています。

VMware NSX に統合された次世代 IPS ソフトウェア定義のデータ センター用)

ソリューション概要を読む

VMware について

VMware は、ビジネスの迅速性、効率性、収益性を向上させる技術で IT 環境に変革をもたらしています。仮想化とポリシーによる自動化のパイオニアである VMware は、データ センターにおける IT の複雑さを解消しています。500,000 を超える顧客に仮想化ソフトウェアとプロフェッショナル サービスを提供しています。また、55,000 以上のパートナーと強力なエコシステムを構築し、相互に運用可能なアプリケーションを提供しています。