Service Delivery Specialization

概要

McAfee ポートフォリオの製品提供能力を証明して、競合他社との差別化を図りましょう。Service Delivery Specialization の認定を取得すると、顧客のビジネス要件を満たしながら、現在の複雑な脅威や攻撃を阻止できるように McAfee 製品を設定し、配備することができます。McAfee Partner Program により、配備サービスの販売で収益をさらに向上させることができます。

利点

このスペシャライゼーションでは、特定の McAfee 製品のサービスを提供するスタッフやビジネスの認定を行います。Service Delivery Specialization パートナーの認定を取得すると、次のことを行うことができます。

  • McAfee プロフェッショナル サービスのサポートなしで、SIEM とデータ損失防止製品を販売できます。
  • 販売後のサービス イネーブルメント ツールを使用できます。
  • 認定取得者に対して、より高度なテクニカル サポートが提供されます。
  • McAfee パートナーのオンライン ディレクトリにより、より正確な予測を立てることができます。
  • 特別プログラムのバッチとログを使用できます。
  • McAfee Certified Product Specialist として活動できます。

該当製品

Service Delivery Specialization の認定を受けるには、所定のスキルと能力が必要です。スキルの向上が必要な場合、次の製品のトレーニング コースを利用できます。

テクノロジの購入と管理を行う顧客は常に新たなオプションを探しています。Managed Services Specialization に参加すると、セキュリティ製品とサービスを柔軟に選択することができます。弊社のパートナーは、オンプレミスまたはクラウドベースのソリューションを顧客の要件に合わせて月極のサブスクリプションで提供できます。

要件

Service Delivery Specialization パートナーは次の要件を満たす必要があります。

  • 製品関連のサービスを一つの窓口で対応できる。
  • 製品ごとに 3 人以上の認定取得者が存在する。
  • サービス戦略と方法論が文書化されている。
  • 四半期ごとにサービス実施報告を行う。
  • 認定を取得した担当者が製品ごとに存在する。
  • サービスの完了時に顧客満足度を調査する。