open

McAfee Application Control

一元管理されたホワイトリスト

概要

“ライフサイクル”で考えて効率化する脅威対策
防御力とレジリエンスを徹底強化

詳細はこちら

ゼロデイ攻撃と高度な持続型脅威を迅速に阻止する柔軟で、拡張性に優れたセキュリティ対策

McAfee Application Control は、サーバー、社内のデスクトップ、専用端末で未承認の実行ファイルをブロックします。動的な信用モデルと革新的なセキュリティ機能 (ローカルとグローバルのレピュテーション情報、リアルタイムの動作分析、エンドポイントの自動保護など) を使用して、高度な持続型脅威を迅速に阻止します。手間のかかるリスト管理やシグネチャの更新は不要です。

  • 不要なアプリケーションを完全にブロックします。実行ファイル、ライブラリ、ドライバー、Java アプリ、ActiveX コントロール、スクリプト、特殊なコードにも対応しています。
  • アプリケーションの評価に基づいて自己承認や自動承認を行うので、デスクトップ ユーザーもサーバー管理者も柔軟に利用できます。
  • 最新のシステムだけでなく、専用端末やレガシー システムも保護します。
  • パッチの適用回数を減らし、高度なメモリー保護を行います。
  • McAfee ePolicy Orchestrator による一元管理。
データシートのダウンロード 無料トライアル

インテリジェントなホワイトリストで脅威を阻止

不正なアプリケーションとコードによるリスクを回避

環境内のファイルとアプリケーションのレピュテーションを McAfee Global Threat Intelligence からリアルタイムで取得し、カテゴリ (正常、不正、不明) に自動的に分類します。別売りの McAfee Threat Intelligence Exchang からローカルのレピュテーション情報を取得し、併用することもできます。

ホワイトリストを最大限活用できるように、3 つのオプションが用意されています。

「デフォルトで拒否」を使用すると、承認されたホワイトリストまたは信用チャネルの承認に基づいてソフトウェアの実行を許可できます。「検出して拒否」を使用すると、シグネチャを使用せずにレピュテーションを確認し、ソフトウェアの実行を許可します。「確認して拒否」を使用すると、サンドボックス テストで確認済みのアプリケーションに実行を許可します。

時間の節約とコストの削減

シグネチャの更新や手間のかかるリスト管理が不要になります。動的な信用モデルを使用するので、CPU やメモリーをほとんど使用しません。

パッチ適用作業の軽減とメモリーの保護

通常のパッチ サイクルを維持し、ホワイトリストに登録されたアプリケーションを Windows (32 ビット/64 ビット) に対するバッファー オーバーフロー攻撃から保護します*。

レガシー システムと最新の IT 資産を保護

Microsoft Windows NT、2000、XP などの古いオペレーティング システムだけでなく、Microsoft Windows 10 などの最新のオペレーティング システムも保護します。

Microsoft Windows 10の製品サポート対応状況一覧

詳細はこちら
進化するデータセンターの保護

進化するデータセンターの保護

データセンターは進化しています。 現在のセキュリティ対策はその進化に追いついていますか? 多層型の包括的なセキュリティ ソリューションに求められる機能をご確認ください。

インフォグラフィックのダウンロード

動画

Application Control: 脅威情報ベースのアプローチ

McAfee Application Control と McAfee ePolicy Orchestrator の統合

カスタマー サクセス

大手メーカー

ウェアハウス リテイラー: 製品

ウェアハウス リテイラー: Persona

 

ケーススタディ

リソース ライブラリ

システム要件

以下の情報は最小のシステム要件です。実際の要件は、ご使用の環境によって異なります。

Microsoft Windows

  • Embedded: XPE, 7E, WEPOS, POS Ready 2009, WES 2009,
    8, 8.1 Industry, 10
  • Server: 2008, 2008 R2, 2012, 2012 R2
  • Desktop: NT, 2000, XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10

Linux

  • Red Hat Enterprise Linux/CentOS 5, 6, 7
  • SUSE/openSUSE 10, 11
  • Oracle Enterprise Linux 5, 6, 7
  • Ubuntu 12.04