Intel Security
open

概要

“ライフサイクル”で考えて効率化する脅威対策
防御力とレジリエンスを徹底強化

詳細はこちら

McAfee Complete Endpoint Threat Protection は、有益な脅威情報に基づき、ゼロデイ脅威や巧妙な攻撃を検出・阻止する高度なセキュリティ機能を提供します。

マルウェア対策、ファイアウォール、デバイス コントロール、メールと Web の保護機能など、コアとなるエンドポイント保護機能が、機械学習やアプリケーションの動的隔離とともにゼロデイの脅威をほぼリアルタイムで検出・分類し、システムで実行される前に阻止します。有益なフォレンジック データと分かりやすいレポートを使用することで、アウトブレーク発生前に調査を行い、システムを強化できます。McAfee Complete Endpoint Threat Protection は拡張可能なフレームワークで構築されています。セキュリティ要件や脅威の進化に合わせて、別の高度な脅威対策を簡単に追加できます。

データシートのダウンロード

生産性を考慮し、自動化された高度な脅威対策

高度な脅威対策を自動化

レピュテーション分析と機械学習により、ゼロデイの脅威をピンポイントで特定し、効率的な対応を行います。グレーウェアやランサムウェアなどの高度な脅威を自動的に阻止し、隔離します。

セキュリティの複雑さを解消

複数のセキュリティ管理コンソールやユーザー インターフェースを利用する必要はありません。1 つのコンソールで全体の状況を把握し、管理作業を行うことができます。これにより、Windows、Mac、Linux 環境に迅速に配備し、クロスプラットフォーム ポリシーを適用できます。

柔軟に連携するセキュリティ フレームワーク

複数の保護対策が連携して脅威を阻止します。有益な脅威情報を利用して、ポリシーを強化できます。保護対策の接続を目的としたフレームワークを使用しているので、脅威状況の変化に合わせて新しい高度なセキュリティ技術を簡単に導入できます。

Stop Zero-Day Malware in its Tracks

Read White Paper
AV-TEST

製品レビュー

管理者やユーザーの生産性を妨げてはなりません。McAfee Endpoint Threat Protection は、McAfee ePolicy Orchestrator で一元管理されています。ユーザーの操作を邪魔しないスキャンや、CPU とメモリーの消費を最小限に抑えるように最適化されたアーキテクチャなど、生産性の向上に役立つ機能も搭載されています。弊社のエンドポイント セキュリティ ソリューションは、独立系のアナリストから業界のリーダーとして評価されています。

新たに発生するセキュリティ脅威に対応

新たに発生するセキュリティ脅威に対応

サイバー犯罪者は毎日、金銭を獲得するためにデータを盗み出そうとしています。このような既知の脅威は毎日発生していますが、新種の攻撃も発生しています。セキュリティと複雑さのバランスを取りながら、時間と予算を有効に使いましょう。

インフォグラフィックを見る

リソース ライブラリ

システム要件

McAfee Complete Endpoint Threat Protection は、Windows、Mac、Linux に対応しています。このスイートに含まれるすべての製品の詳細な技術仕様については、システム最小要件をご覧ください。