Intel Security
open

Windows Server 2003 のサポート終了

移行の準備はできていますか。将来を見据えたセキュリティでビジネスを保護しましょう。

ソリューション概要を読む

特徴と対策

Microsoft Windows Server 2003 は、2015 年 7 月 14 日でサポート対象外になります。ビジネスで Windows Server 2003 をご利用の方は、新たなセキュリティ問題に直面しています。

  • サポートが終了します。Windows Server 2003 のパッチまたはセキュリティ更新が提供されなくなります。Windows Server 2003 は、2013 年だけでも緊急レベルのセキュリティ更新が 37 件も公開されています。
  • コンプライアンス違反になります。コンプライアンス監査に合格せず、Visa、MasterCard、他のプロバイダーとの決済ができなくなります。
  • 無防備な状態になります。物理/仮想サーバー インスタンスが新しいセキュリティ脅威に対して脆弱な状態になります。
ホワイトペーパーを読む

リスクの把握

世界中で実行されている Windows Server 2003 のインスタンスは 2,400 万にも及びます。 サポートの終了が近づいています。新しいソリューションに移行するのも対策の一つです。これにより、ビジネスの安全性が増すだけでなく、システムの効率とパフォーマンスが改善されるので、保守コストを削減し、敏捷性を向上させることができます。 移行方法を選択する場合には、それぞれのオプションに伴う問題をよく見極める必要があります。

Windows Server の新しいバージョンにアップグレードする

Microsoft は、Windows Server 2012 R2 へのアップグレードを推奨しています。この中には、パブリック クラウドで仮想サーバーを使用する方法も含まれています。

セキュリティの課題:

  • サーバー ワークロードを保護する
  • ハイブリッド環境を保護する

ワークロードをパブリック クラウドに移行する

Microsoft は Microsoft Azure を推奨しています。Amazon Web Services など、他の選択肢もあります。

セキュリティの課題:

  • サーバー ワークロードを保護する
  • Infrastructure-as-a-Service 環境と Software-as-a-Service 環境を保護する

既存の配備から移行しない

引き続き Windows Server 2003 を使用し、後でアップグレードすることもできます。

セキュリティの課題:

  • Microsoft がセキュリティ更新を提供しないため、追加のセキュリティ ソリューションを探す

マカフィー ソリューション

弊社では、お客様がどの選択肢を選んだ場合でも、安全にビジネスを移行できるようにサポートいたします。

Windows Server の新しいバージョンへのアップグレードする

パブリック クラウドに移行する場合

すぐに移行しない場合